ネット上の自称投資家が使う「儲かってます発言」にあるカラクリ

- Advertisement -クリブログ

SNSなどで、こんな人たちを見たことは無いだろうか。

  • 「日次○万円達成!!」
  • 「今月もシステムが絶好調です!」
  • 「これでHublot何本目かなぁ〜」
  • 「ベントレー買っちゃった〜」
  • 「月利20%達成しました!」
  • 「投資家仲間でクラブではしゃいで1000万円使ってました〜」

うんうん😇

これらは詐欺師の特徴である。

基本的に、〈「いくら儲かった」と発言〉していたり〈「高級時計や自動車」をSNSにアップロードしている〉のは”マトモ”な人ではない。

なぜなら、マトモにお金を稼いでいて賢い人は、そういった発言は大きなリスクになることが分かっているからだ。

本記事では、自称投資家が使う資産偽造の簡易的な方法や、資産偽造をする理由について解説している。さして難しくはなく、すでに出ている情報ではあるが、分かりやすく書いてみた。

1000億円持つ資産家になってみる

さて、では筆者が今からビリオネアになってみよう。

これは、ちょっと派手過ぎて一般人が想像できない額にするためだ。

ビリオネアとは、1000億円持っている人のことである。

仮に本記事で真面目に偽造画像を作ったとして、誰かに流用(悪用)されたら困るのでビリオネアになってみることにした(本記事を引用するのは全然OK)。

株式投資で少額から一発逆転を狙うことは難しいため、多くのフェイク野郎はFXか仮想通貨(暗号通貨または暗号資産)を舞台にする。

筆者が観測しているところによると、仮想通貨でテンバガー(10倍)を目指す方たちが多いことを理由に、CoinCheck(コインチェック)のダッシュボードを資産偽造に使っている例が多いように見える。

本記事の例では、コインチェックで119529BTCを持っていることにしている。1BTCが838,718円だとすると、日本円換算で100,251,123,822円(119529 * 838718 = 100251123822)、約1000億円だ。

PCでは、以下のような感じ。

コインチェック

スマートフォンは、以下のような感じ。

コインチェック

こんな『俺儲けたぜスクショ』を見たことある人、いるんじゃないかな。

儲けた金額を偽造する方法

上記で偽造したフェイクビリオネアの画像だが、実は2秒で作った非常に雑なダッシュボードである。

では、筆者はどのようにしてビリオネアになったのか。

答えをお見せしよう。

コインチェック

上記のように、Google Chromeのデベロッパーツールで数字をいじっただけである。

デベロッパーツールは、次の方法で操作できる。

  • Chrome メニューから [More Tools] > [Developer Tools] を選択する
  • ページ要素を右クリックして、[Inspect] を選択する
  • キーボード ショートカットの Ctrl+Shift+I キー(Windows)または Cmd+Opt+I キー(Mac)を使用する

つまり、DevToolsを開いたら数字が該当するHTML要素の数字を変えるだけ。

自分で購入することは100%無いだろうが、783287891781XRPを所有するのも簡単である。

コインチェック
コインチェック

こんな簡単なトリックに多くの人が引っかかっている。

エセ投資家のその後

では、自称投資家の詐欺師は、資産を偽造して集めた人をどうするのだろう。

何かアクションを起こすのは、何かインセンティブがあり、何かにつなげたいはずである。

答えは、儲かる事を期待させる高額商品を売るのだ。

スケベ心ある人が、自称投資家に高額商品の購入を勧められるまでの様子をスライドで図解してみた。

これは、投資詐欺だけではなく、様々な場面で使われている。

教養というか、構造を理解する力というか、疑う力は大事だと思う。いちばん重要なのは、『誰が儲かるのか』と『インセンティブ』を理解する事だ。

まとめ

本記事では、主にSNSで用いられる「資産偽造の方法」と、自称投資家が「資産を偽造する理由」について記述してきた。

こういった方法は投資詐欺で用いられるものだが、健康食品や美容品、炎上を意図的に作り出すときなども手法が違うだけで、根源にある本質は同じである。

筆者は、変な正義感があるわけではないので、〈詐欺被害者を助けたい〉とか〈詐欺師を撲滅したい〉といった感情はない。これは、資本主義であれば騙す騙されるの構図は無くならないからだ。

では、なぜこのような記事を書いたのか。

単純に面白く人の役に立つと思ったことと、筆者のブログの読者にはこういった知識を知っていてほしいからだ。

本ブログでは、『簡単な経済学的観点を持つこと』や『幅広い知識を持つこと』など、生きていく上でプラスになる情報を発信していきたいと考えている。

本記事を読んだ方の友人で騙されそうな人がいれば、助けになるかもしれない。

Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。
- Advertisement -
- Advertisement -

こちらもオススメ

Googleの『.new』を使えるショートカットまとめ🌱

Googleが提供している『.new』は、便利すぎてヤバい。 先日、GoogleカレンダーもCal.newで予定を新規作成できるようになったことを書いたが、さらに対応サービスが増えた。 https://keisukekuribara.com/google-new-shortcut-works-calendar-entries/ この記事では、『.new』が使えるショートカットをまとめ、随時更新していきたいとおもう。

ビットコインでのサブスクリプションサービスはできないのか

妄想レベルだが、ビットコインでサブスクリプション課金システムができないかなと思ったのでまとめておく。 ビジネスモデルを考えた時、または商品の購入を考えた時、サブスクリプションは非常に魅力的だ。事業者は継続的な売上を見込むことができるので事業計画が立てやすく、顧客は一回に支払う金額を抑えることができるので財布が痛まない。 現在、サービスを提供するときサブスクリプションモデルは主流となってきているが、決済手段は概ねクレジットカードに依存している。 クレジットカード決済を処理する際は主にペイメントプロバイダーを通すのだが、ペイメントプロバイダーでは禁止業種というものがあり、リスクビジネスは決済処理を受け付けてくれない。もちろん、払い戻しなどのリスクがプロバイダーには存在するので禁止業種を提示するのは至極当然だ。 しかし、世の中リスクは高くともビジネスをしたい人物やそれを求めているユーザーは存在する。

ペアトレードとは。概念、相関、アービトラージ、分析、モデリング、リスク、利点について

ペアトレーディングは、マーケットニュートラルなトレーディング戦略であり、二つの株式や上場投資信託(ETF)、通貨、商品、オプションのような、相関性の高い一対の商品でロング・ポジションとショート・ポジションをマッチさせるものだ。ペアトレーダーは相関関係が弱まるのを待ち、パフォーマンスの低い銘柄を買い、パフォーマンスの高い銘柄を空売りしたのち、ポジションをクローズする。これは、相関関係が統計的な基準に戻るためである。 この戦略の利益は、各アセットの動く方向からではなく、2つの商品間にある価格変化の差から得られる。したがって、買いポジションが売りポジションよりも高くなったり、売りポジションが買いポジションよりも低くなったりすれば(理想的な状況では買いポジションは上昇し売りポジションは下落するが、それは利益を得るための要件ではない)、利益が得られる計算となる。ペアトレーダーは、市場が上昇、下落、またはレンジする期間を含む様々な市場状況の期間、およびボラティリティが低いか高いかなど、いずれかの期間でも利益を得ることができる。 起源 ペアトレーディングの起源は、1980年代の初めから半ばにかけてウォール街のモルガン・スタンレーが集めたコンピュータサイエンティスト、数学者、物理学者のグループにあるとされている。コンピュータサイエンティストのGerry Bamberger氏とDavid Shaw氏、および定量トレーダーのNunzio Tartaglia氏を含むチームは、先進的な統計モデルを採用し市場の不均衡を活用するための自動取引プログラムを開発することで、株式市場における裁定機会を研究するために集められた。

Apple好きならオリコカードは持っておこう。金利0%でiPhoneやMacbookを買える

iPhone、iPad、Macbook、AirPods、Apple Watchなど、シンプルで使いやすいガジェットを販売している『Apple』。 世界中にたくさんのファンがいる。彼らは自らアップル信者と名乗り、絆を深めている。 Apple製品は使いやすく、持っていると少し気分が良いのは確かなのだが、なにぶん価格が高い。 しかも、同じスペックや性能で他社製品と比較した時、結構値段が高いのだ。

【乳がん】ヨーグルトを食べると癌リスク軽減できるかも?

乳癌の原因の1つは、有害な細菌によって引き起こされる炎症かもしれない。 研究者らによると、仮説はまだ証明されていないが、細菌によって引き起こされる炎症が癌(がん)に関係していると、入手可能な証拠によって裏付けられているという。 そして、乳糖発酵菌は細胞を保護するが、炎症を引き起こす病原菌は乳癌のリスクを高める。ヨーグルトの消費は、それに対する保護機能があるようだ。

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -