スニーカーのフェイク品撲滅にNFT使用を提案する

僕はスニーカーは好きだ。

ただ足に合わせたモノを履けばいいのに、形状、マテリアル、歴史、文化、哲学などをスニーカーには感じてしまう。

Air Jordan 1 Royal美しい

そういった意味で、Fake品、すなわち見た目をそっくりに作り上げた偽物に嫌悪している。

世界的に貴重なスニーカーは、二次流通市場で数十万円から数百万円という超高額で取引される。セレブに依頼されたスニーカーを仕入れる専門のディーラーがいるくらいだ。

それは、悪い奴らが偽物をつくるのも当然である。もともと2.5万円程度で販売されるスニーカーが、数十万円から数百万円でやりとりされるのだ。数十万とまでは行かなくても、少しレアな製品だと8万円程度にはなる。

儲けの手段として、悪くないだろう。

Nike(ナイキ)とKanye West(カニエ・ウェスト)がコラボした伝説のAir Yeezy 2 Red Octoberは、なんと執筆時点で300万円を超えている。

くっそ、高いな。

勿論、ソールがすぐに禿げたり、裁縫が甘い偽物が数多く出回っている。これらはまだ良い方で、本当にリアルそっくりな偽物を作る腕の高い業者もいるので、たちが悪い。

AIR JORDAN 1 BRED REAL VS FAKE

さて、偽物はどうにかならないのか。

んん。

ぶ、ぶ、ブロックチェーン使えないか??????????

ブロックチェーンは改竄に対して非常に耐性があるんじゃないか!

NFT

て、ことでNFT(Non Fungible Token)について述べたいと思う。

NFTは、Non Fungible:代替可能ではない、トークンの総称である。代替可能ではないとは、交換ができない事を意味し、この世に同じものが2つ以上存在しないということだ。

イメージでいうと、不動産や骨董品、アートなどが近い。それらは、全てこの世に存在しないため、購入したり売却すると常に所有者が変わっていく。

電子書籍に関しても同じようなこと書いたな。

スニーカーの章で述べたように、あるスニーカーにNFTの情報を書き込んでしまえば良いのではないかと思う。

何らかの方法でスニーカーを読み取ると実は固定アドレスが設定されており、データを検索するだけでこれまでの取引が検証でき、それにブランドが本物であることを証明までしていたら。。。

最高だ!

使用するネットワークはEthereumでもBitcoinでもその他のものでも良いが、各々の商品を完全にオープンな形式でトレースできるようにすればFake品に騙される人はいなくなる。エクスプローラーで追うだけで良いから。

しかも、これには他のメリットもある。

ボッタクリをする仲介者を排除し、本物であるか迷って販売している小売業者を無くせるのだ。また、査定にかかる時間は大幅に削減できるだろう。

組み込み方法(NFTとの統合)は、僕自身靴を製造していないため分からないが、NikeAdidasが上記のような事を考えてくれていると願う。

↓これなんてどうなの?Nikeさん!!

ナイキが独自の仮想通貨を計画か、「Cryptokicks」を商標登録申請

https://jp.cointelegraph.com/news/nike-files-trademark-application-in-the-us-for-cryptokicks

Default image
Keisuke Kuribara
零細企業の代表 / ウェブマーケティング、コンサルティング、EC / 漫画と本が好き / 生物捕獲が趣味