どの分野で成功するにも、良いアイデア、努力、規律、想像力、忍耐力、運の強さなどの要素が必要だ。

そして、忘れてはならないのが、ノースウェスタン大学のDashun Wangと彼の同僚が、1985年から2015年まで米国立衛生研究所(NIH)に提出された、776,721件の助成金申請の分析に基づいた新しい論文において、『成功のための必須条件』と呼ぶ『失敗』の存在である。

ほか、研究者らは事業の成否を予測する数学モデルを作成するために、ベンチャーキャピタル(VC)が行ったスタートアップへの46年分の投資も分析した。

さらに、Wang氏は1970年から2017年の間に起きた、170,350件のテロ攻撃のデータセットについて、このモデルをテストした。

Wang氏はこの研究を考案し主導した人物で、ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院の経営・組織学准教授である。

彼は、「勝者は常に敗者から始まる」と語った。

しかし、「すべての失敗が成功につながるわけではない」と付け加え、研究によると最終的に勝者と敗者を分けるものは永続性ではないと話す。

Natureに今週発表された論文の中で、さらに興味深い発見の1つとして、〈最終的に成功した人々〉と〈最終的に失敗した人々〉は、基本的に同じ回数、目標を達成しようとしたということである。

何度も何度も試してみることが効果的なのは、過去の失敗から学ぶ場合だけだ。

ハードではなくスマートに働くことが重要になる。

「何がうまくいって何がうまくいかなかったのかを理解し、何を改善する必要があるのかに集中しなければならない。失敗した人たちは、必ずしも成功した人々より仕事が少ないわけではなかった。成功はより効果的に改善し、失敗は余計な変更を加えただけだった」

Dashun Wang

「失敗の力学を支配するメカニズム」を探求し、モデルを構築する中で、Wang氏のチームは成功したグループと失敗したグループを区別し、最終的な結果を予測可能にする、これまで知られていなかった統計的な特徴を特定した。

キーとなるインジケータの1つは、連続して失敗した試みの時間であり、これは着実に減少する。つまり、失敗が早ければ早いほど、成功の可能性が高くなる。

「失敗と失敗のタイミングを見れば、最終的に成功するかどうかを予測することができるだろう」とWang氏は言う。

Wang氏が「人間の失敗の墓地」と呼ぶNIHの大規模なデータベースは、研究者の夢が実現したことを示している。

「私たちは彼らがいつ失敗したかを正確に知っているし、どれだけひどい失敗をしたかも知っている。なぜなら、私たちは提案の点数を知っているからだ。そして何度も何度も失敗し、最初の助成金を得た後、彼らが最終的に成功した内容も分かっている」

Dashun Wang

スタートアップの分野で成功とされるのは、IPOか価値の高いM&A(バイアウト)だった。また、テロに関しては、少なくとも1人が死亡した攻撃は成功と分類されたが、失敗は死傷者を出さない攻撃であった。

成功する前に一度でも失敗した人の平均失敗数は、NIHが2.03件、スタートアップが1.5件、テロ集団が3.9件だった。

このような大規模なデータを用いて、Wang氏らは、分析した何十万もの企業のそれぞれに共通する重要なポイントを特定することに成功した。

重要な事に、1つのパスが進化へつながり、1つのパスが停滞につながる分岐点、つまりティッピング・ポイント(ある一定の閾値を超えると一気に全体に広まっていく際の閾値や時点)がある。

Wang氏は、「臨界点に近い2つの標本は、最初は学習戦略や他の特徴が同じように見えるかもしれないが、どの地域に住んでいるかで失敗後の結果は劇的に違ってくるかもしれない」と説明した。

Wang氏は、ティッピング・ポイントの存在は、幸運や仕事の習慣など、失敗や成功に対する伝統的な説明とは一線を画していると指摘。

「重要なのは、どのように失敗するか、失敗へどのように対応するか、そして失敗がどこにつながるかである」

Dashun Wang

この研究の筆頭著者であるYian Yin氏は、今後のステップとして、過去の失敗から学ぶことに加え、モデルを改良して他の個人や組織の特性を定量化することを挙げている。

現在3つの異なる分野でテストされているWang氏のモデルは、他の分野のツールとして有望であると、ノースイースタン大学複合ネットワーク研究センターのディレクターであり、『The Formula:The Universal Laws of Success(ザ・フォーミュラ 科学が解き明かした「成功の普遍的法則」)』の著者であるAlbert-László Barabási(バラバーシ・アルベルト・ラースロー)氏は言う。

「人や製品がどのように成功するのかを理解しようとする無数の研究がある」とラースロー氏は言う。

「しかし、失敗の役割についてはほとんど理解されていない。Wang氏の研究は、成功に対する我々の理解を根本的に書き換え、失敗が重要な役割を果たしていることを示し、最終的には、失敗を成功の規範の中に置くための方法論的で概念的な枠組みを提供しているのだ」

早くトライし、失敗し、その失敗から改善することが成功する可能性を高めるわけだ。僕は無駄にトライしろと促すのが好きでないものの、リスクを割り出し、なるべく管理できる範囲で挑戦し続けることは非常に重要だと考えている。

参照:scientificamerican

You May Also Like
続きを読む

あまりストレス貯まらない僕の考え方

唐突だが、僕はあまりストレスがたまらない。 頭が悪いので感覚が麻痺しているだけというのもあるが、その麻痺した感覚のおかげでどうにかなっている。 このストレスがたまらない、僕の価値観についてサクッと書いてみようと思う。 📩…
続きを読む

見た目も名前も情報量がすごい「完全無欠のスーパーゴールデンカリー炒飯」を大阪王将で食べてきた

2019年9月17日(火)より、大阪王将創業50周年限定メニュー第3弾「完全無欠のゴールデン炒飯」のバージョンアップ品2品、「完全無欠のカルビカリー炒飯」と「完全無欠のスーパーゴールデンカリー炒飯」が期間限定で登場してい…