10.1 C
Tokyo
日曜日, 12月 15, 2019

SNSの利用を控えても幸福度は改善しないという研究結果

デジタルデトックスやシリコンバレーで流行しているドーパミン断食など、デジタルデバイスの利用時間を控える試みは、とてもファッショナブルなモノになっている。このトレンドの根底にあるのは、デジタルデバイスを使うこと、特にソーシャルメディア(SNS)を利用することは、何らかの形で不健康であり、我慢すれば幸せで充実した人生を送ることができるかもしれないという仮説である。

さて、この仮説の実証結果はどうだろうか。

少なくともSNSに関しては、Media Psychologyの新しい論文が、どうも違うらしい事を示している。SNSと幸福の分野における数少ない実験的研究の1つで、研究者らはSNSを最長4週間やめても、私たちの幸福度や生活の質を改善することに何の効果もないことを発見した。

幸福
Photo by Pixabay from Pexels

SNSに関する過去の心理研究の多くは相関データに依存しており、利用における個人差が幸福とどのように関連しているかを調べている。デジタルメディアを毎日使っている世界では、コントロールされた実験を行うよりも、既存の利用パターンを見る方がはるかに簡単だ。

つまり、原因と結果を区別することも難しくなっている。

仮に、SNSの利用が幸福度を下げる事と関連していても、既に不幸な人々がSNSを頻繁に利用しているだけではないと証明することはできない。

研究の内容

カンザス大学のJeffrey Hall(ジェフリー・ホール)氏らは、SNSの利用を積極的に避けた場合に何が起こるかを調べることで、現状まばらな研究へ実験的な文献を追加することにした。

研究者らは参加者を5つのグループに割り当てた(利用するのはFacebook、Twitter、Snapchat、Instagram)。

  • 通常通りSNSを使い続けるグループ
  • 7、14、21、28日間全てのプラットフォームから離れるグループ

研究者は各参加者をフォローし、実験期間中、他人の投稿へ関与していないことを確認するためのアカウントを設定した。

4週間毎日、その日の終わりに参加者は様々な活動(食べる、働く、テレビを見る、インターネットを使うなど)に費やした時間の割合を記録した。また、幸福度、生活の質、孤独感を測定する短いアンケートにも回答した。

日常生活
Photo by Terrance Douglas from Pexels

研究者らは、利用を禁じられていたのにSNSを見てしまった人を除外した後、130人の参加者を残した。そして、すべての参加者のデータを統計モデルに入力し、禁欲日とコントロール日の間に幸福度の測定値に差があるかどうかを調べた。数値に差がある場合、どれだけの期間、利用を禁止したかを調べた。

しかし、SNSから何週間離れていても、大きな効果はなかった。研究は以下のように結論づけている。

「参加者が4つのSNSを自由に利用した日と利用しない日では、1日の終わりの寂しさ、幸福度、生活の質の点で区別できなかった」

この発見は、特に驚くべきことではない。

これまでに実施された他いくつかの研究結果は交錯しており、SNSの利用を控えることは、幸福の尺度に有意な影響を与えていなかった。

まとめると、『SNSの否定的な影響を報告する相関研究は、より厳密に精査されるべき』ことを示唆していると著者らは述べている。

この新しい研究には制限がないわけではない。サンプル数は大きくなく、可能性ある小さな影響を検出するのに、十分な参加者がいなかったことを認めている。

一方、大量のサンプルを見たときにのみ明らかになる小さな影響であれば、その効果は現実世界では実用的な意味を持たないかもしれない。

SNS
Photo by Kerde Severin from Pexels

おそらく最も重要なのは、何も投稿せずTwitterやInstagramのフィードをスクロールしたりと、SNSを受動的に使わないようにする手段がなかったことだ。また、この研究では、SNSをやめることに心理的なメリットがほとんどないことを示しているが、もちろん有意な結果が出る人もいるだろう。

まとめ

SNS利用と精神的健康の悪化を結びつける表現は誇張されていると、この研究は示唆している。もちろん、SNSを長時間利用することが良くない影響を与える可能性もあるだろうが、今のところ、幸福度が失われる事とは影響していないようだ。

Twitterをつい見てしまう僕は、なんだか少し救われた気分である。

参照:Research Digest

Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。
- Advertisement -

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

Latest News

お金の問題になるとヒトの脳は判断を間違うようプログラムされている

我々はお金で苦労したくないと考えるが、実際は惰性に負けたり、セールの衝動で無駄遣いをしてしまったりする。 これは、なぜか。 CNBC Financial Wellness Councilのメンバーで、金融心理学と行動ファイナンスの准教授であるBrad Klontz(ブラッド・クロンツ)博士が理由を説明してくれている。 意訳して紹介したいと思う。 https://twitter.com/DrBradKlontz/status/1204082081434914817?s=20

【ファクトフルネス】思い込みを乗り越え、世界を正しく見る習慣。賢い人ほど真実を知らない②

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://www.youtube.com/watch?v=F7Xvlw8i_y0 はじめに 前回の動画では、分断本能やネガティブ本能について話してきた。

【ファクトフルネス】思い込みを乗り越え、世界を正しく見る習慣。賢い人ほど真実を知らない①

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://youtu.be/3zbf84SP8zg はじめに  今日は、最近人気の本である「FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」を紹介したいと思います。

シリコンバレーで流行りのドーパミンファスティングを神経科学教授が物申す

シリコンバレーで流行りの健康法に、ドーパミン・ファスティング(ドーパミン断食)がある。 ドーパミン・ファスティングは、ドーパミンとして知られる脳の快楽物質を減らすことによって、脳を効果的に『リセット』するというもの。ファスティング(断食)と呼ばれることから、ジャンクフード、セックス、アルコール、SNS、スマートフォンの長時間利用などを削減すると、生活がより良くなると信じている。 中には、すべてのSNSやアイコンタクトを避ける人すらいるようだ。 そして今、アメリカでの流行を受け、日本のメディアもドーパミン・ファスティングに関する記事を公開しはじめた。 https://www.businessinsider.jp/post-200019 サンフランシスコの心理学者、Cameron Sepah(キャメロン・セパ)博士が『ドーパミン・ファスティング』と名付けたこのエクササイズは、今世界の注目を集めている。

Must Read

太りやすい人におけるダイエットの最も効果的な運動とは?

最新研究によると、定期的なジョギングは減量に最適な運動だという。 ジョギングは、肥満のリスクを高める遺伝子を持つ人で特に有効であるという調査結果が出たようだ。 肥満体質の人は少し食べただけでも太る傾向があり、これは遺伝的問題のため簡単な解決が難しい。 肥満に対する遺伝的要素と戦うのに適した、ジョギング以外の運動は次の通りである。 ウォーキングワルツ、タンゴ、フォックストロット、クイックステップなどの公式なダンス登山時間をかけて行うヨガ

【ビットコインの匿名化技術まとめ】TumbleBit、Chaumian CoinJoin、ZeroLink、シュノア署名など

2009年に立ち上がって以降、Bitcoinは本当にプライベートではありませんでした。 BitcoinはオープンソースなパブリックブロックチェーンとP2Pネットワークで構築されているため、分析してBitcoinアドレスをその他の識別情報と関連付けることができます。 この性質により、Bitcoinがより世界的な通貨となったときプライバシーの欠如が問題となるでしょう。 Bitcoinのユーザーは、お金をどこで使うのか、何を獲得するのか、どれだけ所有しているのかを知られたくないかもしれません。また、企業はトランザクションの詳細を競合他社に漏らしたくないかもしれません。 さらに、プライバシーの欠如は、Fungibility(代替性)の喪失につながる可能性があります。 代替性は、通貨にとって不可欠な要素です。例えば、特定のコインが政治的な目的のために使用されていることが判明した場合、支払いを受付る側は「汚染された」コインを受け入れる意思は低く、また関わりたくない場合は受け取ることすらしないかもしれません。 ただし、活発な開発のおかげで、Bitcoinユーザーへの「スパイ活動」は困難になってきています。 有望なプライバシー保護の技術が数多く導入されており、またその他のソリューションも年内や翌年にはリリースされる見通しが立っています。 以下に、有望なプライバシー保護のプロジェクト概要を示します。 TumbleBit TumbleBitは、Bitcoinで展開されるなかで、最も期待されているプライバシーソリューションの1つです。 TumbleBitは、(中央の)タンブラーを使用し、ミキシングセッションの参加者間でオフチェーン決済チャネルを作成するミキシングプロトコルです。 すべての参加者は、上述のチャネルを通してコインを送り、同じ金額の異なるコインを受け取ります。このプロセスによって、すべての人物の所有権を破棄することができます。 「スパイ」を含めた参加者全員は、誰に支払うのかを再確認することはできません。さらに重要なのは、TumbleBitは巧妙な暗号を利用して、タンブラーでさえもユーザー間のリンクを確立できないことを保証しています。 TumbleBitは、参加者1人につき2つのオンチェーン・トランザクションを必要とします(1つはチャネルをオープンし、もう1つはそれをクローズするもの)。もちろん、信頼を必要としない解決策ではありますが、TumbleBitは他の代替案よりも少し高い手数料を伴います。 TumbleBitは、ボストン大学やジョージメイソン大学、ノースカロライナ州立大学の学術研究チームがEthan Heilmanを率いて2016年に最初に提案し、その年の秋にScaling Bitcoin Milanで発表されました。 NBitcoinの開発者であるNicolas Dorierが初期バージョンの技術を実装し、ようやく実際に開発が進み始めています。これは、プライバシーを重視した開発者であるÁdám Ficsórなどによって改良され、StratisのBreeze Walletに実装されました。 このBreeze Walletは、1ヶ月前に正式にリリースされています。TumbleBitは、現在誰でも使用できるようになっていますが、使用法(プライバシーを提供する匿名性セット)は依然として低いと言われています。 There is a mandatory update to the Stratis QT Wallet - Get...

バナナはダイエットに効果的なのか?科学的に解説

バナナはさまざまな重要な栄養素を含み、食物繊維が豊富であるため、バランスのとれた食事を組み立てるのに役立つ食物だ。 バナナを食べたからといって体重が減るわけではないが、バナナが持つ特性の一部は、「むくみの軽減」や「食欲の抑制」に役立つ。 栄養成分や糖度も示すことで、バナナとダイエットを組み合わせる方法について、本記事で学んでいこう。 バナナは減量に適しているか バナナは優れた繊維源である。

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -