先日Twitterに投稿したところ、少なからず鎖野郎から反応があったので軽くブログに書いておく。

以下が該当の投稿だ。

僕は書籍を購入するとき、以下のメリットがあることから可能な限りKindleを利用している。

  • 何冊でも持ち運びが可能
  • かさばらない
  • 重量が無い
  • 購入から読み初めまで時差がない
  • 書店で求めている本を探す時間がない
  • 若干安い、セールでお得

ただし、以下のデメリットがある。

  • シェアできない
  • 転売できない
  • 所有権がない

メモできない、パッと読めない、紙ではないと落ち着かない、などの意見はあるが、それらはあくまで主観ですので議論しない。

上記のデメリットから分かるように、電子書籍には資産価値がない。なぜなら、購入後ダウンロードするとシェア&売却などが出来ないからだ。これは、価格がゼロであることを意味する。譲渡・販売できないものに価値がつかないのは当然である。

しいて言えば、電子書籍を読んだことで得られる情報と時間という目に見えないものは自分の中で資産化できるとは思う。

僕はこれまでKindle本にそこそこお金を使っているので、死んだらどうなるかを少し考えている。本来であれば、読み終わった本は転売したり知人に貸すことで知識共有をしたい。サピエンス全史ホモ・デウスなんかはすごく面白いので貸してあげたいが、残前ながらKindleではできない。

Blockchainでの実装

Blockchainは、極めて改竄耐性に強く資産をネットワーク上に乗せることのできるシステムだ。Blockchain Networkを維持するインセンティブとして暗号通貨が存在している。

Ethereumなどのスマートコントラクト機能を持つシステムの中には、Non Fungible Token(NFT)という一意のIDをもつトークンを発行することが可能だ。2017年の終わり頃、CryptoKittiesという猫キャラクターを売買するポンジスキームのようなゲームが流行したことで、いくつかのBlockchain上にある仮想土地やアイテムなどでNFTが使われ流通するようになった。

NFTは、その名の通り代替えが不可であるという特徴がある。あるコンテンツは一意であり、そのコンテンツはこの世に同じものが2つ以上存在しない。例えるなら、土地や不動産のようなもの。あなたが今立っているその土地は誰かが所有しているもので、複製はできず必ず一意である。

この仕組みを用いて、コンテンツにライセンスのような機能を持たせることができるだろう。ライセンスとコンテンツが紐付けられるので、発行側が複製できないコンテンツを作成することができるはず。また、このライセンスとコンテンツがブロックチェーン上に乗っている場合、どの第三者機関も原理上コントロールされない。ネットワークが持続する限りコンテンツは永久的に存在し、買いたい人と売りたい人が各1人以上いる限り価格はつき取引され続ける。

AmazonでKindle本を出す場合は無料でできるし、NFTにより書籍の販売が実現した場合も初期費用は実質ゼロのようなものだ。

このように、電子書籍のようなデジタルコンテンツはブロックチェーンで実装されてほしいなと考えている。分散的にコンテンツ所有ができる場合はブロックチェーンでなくても良いが。

デジタルコンテンツの「所有権」というもの関しては、集権的インターネットと分散ネットワークでは性質が大きく異なるので、僕自身さらに考察を深めたいと思いますし皆さんも考えてほしい。

少し話はそれるが、Ethereumで活発に開発され期待の声も大きいDEXについて述べる。僕のスタンスとして、クロスチェーンで作用するDEX以外は「ほぼ」無意味と考えている。「ほぼ」とつけたのは、開発している優秀な技術者に知見がたまることや、Airdropで降ってきたトークンを捌くのに使えるので、0ではないということだ。大概のトークンはゴミだが、ゴミにも価格はつくので無価値ではない。

現状、僕は同一ネットワークで勝手に発行された謎トークンを分散的に取引することに関して魅力を感じていないし、それ自体に何の意味があるのか疑問だ。様々なDEXプロトコルがEthereum上で動くことに関心を集めているが、もっと使えて意味のある何かを話したい。

現実世界とリンクしたDEXには興味がある。

ということで、僕はOwn Bankとなれる決済プロバイダーとしてBTCPay ServerをThird-Partyとして開放してたりしている。実際に使えるものなので。

以上。

ありがとうございました

You May Also Like
仮想通貨の事を話している人間で信用できるか判断する簡単なフィルタリング方法
続きを読む

仮想通貨の事を話している人間で信用できるか判断する簡単なフィルタリング方法

仮想通貨(暗号通貨)に興味を持ち始めた方や、どのような人と関わるべきかの判断材料になる記事だ。 こんな方を対象としている。 暗号通貨に興味が出た 分からない部分が多いので情報収集したい 人と意見交換をしたい 逆に、以下の…