電子書籍などの所有権はブロックチェーンにより変化するはず

- Advertisement -クリブログ

先日Twitterに投稿したところ、少なからず鎖野郎から反応があったので軽くブログに書いておく。

以下が該当の投稿だ。

僕は書籍を購入するとき、以下のメリットがあることから可能な限りKindleを利用している。

  • 何冊でも持ち運びが可能
  • かさばらない
  • 重量が無い
  • 購入から読み初めまで時差がない
  • 書店で求めている本を探す時間がない
  • 若干安い、セールでお得

ただし、以下のデメリットがある。

  • シェアできない
  • 転売できない
  • 所有権がない

メモできない、パッと読めない、紙ではないと落ち着かない、などの意見はあるが、それらはあくまで主観ですので議論しない。

上記のデメリットから分かるように、電子書籍には資産価値がない。なぜなら、購入後ダウンロードするとシェア&売却などが出来ないからだ。これは、価格がゼロであることを意味する。譲渡・販売できないものに価値がつかないのは当然である。

しいて言えば、電子書籍を読んだことで得られる情報と時間という目に見えないものは自分の中で資産化できるとは思う。

僕はこれまでKindle本にそこそこお金を使っているので、死んだらどうなるかを少し考えている。本来であれば、読み終わった本は転売したり知人に貸すことで知識共有をしたい。サピエンス全史ホモ・デウスなんかはすごく面白いので貸してあげたいが、残前ながらKindleではできない。

Blockchainでの実装

Blockchainは、極めて改竄耐性に強く資産をネットワーク上に乗せることのできるシステムだ。Blockchain Networkを維持するインセンティブとして暗号通貨が存在している。

Ethereumなどのスマートコントラクト機能を持つシステムの中には、Non Fungible Token(NFT)という一意のIDをもつトークンを発行することが可能だ。2017年の終わり頃、CryptoKittiesという猫キャラクターを売買するポンジスキームのようなゲームが流行したことで、いくつかのBlockchain上にある仮想土地やアイテムなどでNFTが使われ流通するようになった。

NFTは、その名の通り代替えが不可であるという特徴がある。あるコンテンツは一意であり、そのコンテンツはこの世に同じものが2つ以上存在しない。例えるなら、土地や不動産のようなもの。あなたが今立っているその土地は誰かが所有しているもので、複製はできず必ず一意である。

この仕組みを用いて、コンテンツにライセンスのような機能を持たせることができるだろう。ライセンスとコンテンツが紐付けられるので、発行側が複製できないコンテンツを作成することができるはず。また、このライセンスとコンテンツがブロックチェーン上に乗っている場合、どの第三者機関も原理上コントロールされない。ネットワークが持続する限りコンテンツは永久的に存在し、買いたい人と売りたい人が各1人以上いる限り価格はつき取引され続ける。

AmazonでKindle本を出す場合は無料でできるし、NFTにより書籍の販売が実現した場合も初期費用は実質ゼロのようなものだ。

このように、電子書籍のようなデジタルコンテンツはブロックチェーンで実装されてほしいなと考えている。分散的にコンテンツ所有ができる場合はブロックチェーンでなくても良いが。

デジタルコンテンツの「所有権」というもの関しては、集権的インターネットと分散ネットワークでは性質が大きく異なるので、僕自身さらに考察を深めたいと思いますし皆さんも考えてほしい。

少し話はそれるが、Ethereumで活発に開発され期待の声も大きいDEXについて述べる。僕のスタンスとして、クロスチェーンで作用するDEX以外は「ほぼ」無意味と考えている。「ほぼ」とつけたのは、開発している優秀な技術者に知見がたまることや、Airdropで降ってきたトークンを捌くのに使えるので、0ではないということだ。大概のトークンはゴミだが、ゴミにも価格はつくので無価値ではない。

現状、僕は同一ネットワークで勝手に発行された謎トークンを分散的に取引することに関して魅力を感じていないし、それ自体に何の意味があるのか疑問だ。様々なDEXプロトコルがEthereum上で動くことに関心を集めているが、もっと使えて意味のある何かを話したい。

現実世界とリンクしたDEXには興味がある。

ということで、僕はOwn Bankとなれる決済プロバイダーとしてBTCPay ServerをThird-Partyとして開放してたりしている。実際に使えるものなので。

以上。

ありがとうございました

Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。
- Advertisement -
- Advertisement -

こちらもオススメ

パスワードは安全に管理したいよね。オススメのパスワードマネージャー3選

メールアドレスやパスワードをきちんと管理することは非常に重要だ。 同じメールアドレスとパスワードで、複数のウェブサービスやアプリに登録していないだろうか。すでにしてしまっている方は、今すぐにでもパスワードを変更しよう。 それは、「私の情報を取っていってください」と公言しているようなものだ。 ただ、多くの人がなぜパスワードを管理できないのかを考えたところ、以下のような理由があるのではないかと思われる。 パスワードを管理できるものが無いから。

Dappでもビジネスが成立しそうなモデルの話

Dapp(分散型アプリケーション)というワードが過剰にもてはやされているが、本当に分散的に稼働しているアプリケーションはほぼないと言っていいだろう。なんらかのトークンを組み込んいることでよく分からないことになっているし、すごく集権的だ。 そこで、昨今ブロックチェーンという分散型のネットワークでどのようなビジネスができるか積極的に議論が行われているわけだ。ガバナンストークンだとかなんちゃらモデルだとか、難しいワードが出てくるが僕の中でしっくりくるものは無いに等しい。 そこで、僕が「しっくりくるかつ事業として利益が出るんじゃないの〜」というモデルを簡単に書いてみる。なお、技術的なことはひとまず置いておき概要だけとなる。細かいことは後で良い。 DWordpress 結論からいうと、パブリッシングプラットフォームのDappだ。ブログやホームページの投稿サービスと言っていいだろう。「すでにSteemやAlisといったものがあるではないか」、という意見もあるはずだ。だが、これらは事業として成立しているのかと聞かれて正直にYesと解答できる人はいないと思う(ごく少数いるかもしれないが)。

金利リスクの管理

金利リスクは、金利の変動により資産価値が変動する可能性があることで、ローンや債券などの利付資産に存在します。 金利リスクの管理は非常に重要になってきており、金利リスクに対処するために様々な手法が開発されています。 本記事では、企業と消費者の双方が様々なデリバティブ商品を用いて金利リスクを管理するいくつかの方法を考察します。 どのような投資家が金利リスクの影響を受けやすいか 金利リスクとは、金利の絶対水準が変動することにより発生するリスクです。

【CSSのみでOK】スマートフォンでウェブサイトが横揺れするのを完全に防ぐコード

レスポンシブデザインで設計してあるウェブサイトでも、PaddingやMarginなどの関係から横揺れしてしまうことがある。 まずは、「画像 / 動画 / テーブル / スクリプトがレスポンシブになっているか」、コンテンツが「max-width: 100%; 」に設定されているかなど基本的な部分を確認してほしい。 それでも、ウェブサイトがグラグラと横揺れしてしまう時は、強制的にCSSで補正できる。

シェアリング電動スクーターは我々が思っているほど地球に優しくない

前から僕は薄々感じていたのだが、シェアリング電動スクーターはそれほど地球環境に優しいわけではないようだ。環境に優しいという手口で普及を図るサービスを基本的に斜めに見ている筆者だが(大学でインフラ環境系を学んでいた)、The VergeによるとBirdやLimeもどうやらそうらしい。 環境不可が低減されていないというわけではなく、我々がマーケティングによって感じさせられているよりも地球に優しくないという調査結果が出ている。 環境に優しい系のマーケティングは、〇〇を食べると痩せるとほぼイコールだろう(僕の偏見)。 概要

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -