Dappでもビジネスが成立しそうなモデルの話

- Advertisement -クリブログ

Dapp(分散型アプリケーション)というワードが過剰にもてはやされているが、本当に分散的に稼働しているアプリケーションはほぼないと言っていいだろう。なんらかのトークンを組み込んいることでよく分からないことになっているし、すごく集権的だ。

そこで、昨今ブロックチェーンという分散型のネットワークでどのようなビジネスができるか積極的に議論が行われているわけだ。ガバナンストークンだとかなんちゃらモデルだとか、難しいワードが出てくるが僕の中でしっくりくるものは無いに等しい。

そこで、僕が「しっくりくるかつ事業として利益が出るんじゃないの〜」というモデルを簡単に書いてみる。なお、技術的なことはひとまず置いておき概要だけとなる。細かいことは後で良い。

DWordpress

結論からいうと、パブリッシングプラットフォームのDappだ。ブログやホームページの投稿サービスと言っていいだろう。「すでにSteemやAlisといったものがあるではないか」、という意見もあるはずだ。だが、これらは事業として成立しているのかと聞かれて正直にYesと解答できる人はいないと思う(ごく少数いるかもしれないが)。

なぜブロックチェーンアプリケーションであるパブリッシングサービスがビジネスとして成り立たないのだろか。答えは簡単であり、謎なトークン(数字のついた電子媒介物)があるからだ。

ブログを書き、評価をしてもらう。高い評価の記事にはトークンが集まる。したがって、広告ではない形で良質な記事を書いた人物に報酬が払われる。「うん、まあ分かるけど運営はどう利益出す?トークンの発行と供給はどうコントロールされる?それなくならねーの?発行無限?」という無限の疑問が湧いてくる。分散型であるにもかかわらず永続的ではないことはすぐに想像できるはずだ。

インターネットが急激に発達するとき、自分が書いた文字を世界中の人間に共有できるのはすごいことだとして、ブログ投稿サイトは大いに盛り上がった。

なので、人間には何か情報を発信したいという欲が強くあることは想像に容易い。

したがって、僕もDappとしてパブリッシングプラットフォームは成り立つと考えている。

では、SteemやAlisとは何が異なるか。

それは、CMSとしてオープンソースのパブリッシングプラットフォームとしてアプリケーションを成立させることだ。

簡単に言えば、Wordpressのようなものを作るだけわけだ。DWordpressとでもしてみよう。

DWordpressは、Coreとして記事を作成でき自分で取ったドメインで世界中に公開できるという機能がある。ここで、それぞれどのようにしてDWordpressが稼働するか、Wordpressと比較し分解してみよう。

  • WordPress => WordPressのようなオープンソースのパブリッシング機能をもつプログラム(DWordpress)
  • サーバー => 分散クラウド
  • ストレージ => IPFSやSTORJなどの分散ストレージ
  • ドメイン => Ethereum Name Service、Namecoin、Handshakeなど

それぞれの技術仕様における統合の複雑さは考慮しなかればできるのではないか?という気がする。

自身のコンテンツを公開したいユーザーは、コア機能をサーバー(クラウド)に突っ込み、DNSの設定をすることで誰にも制御されない完全なるDappが完成する。かかるコストは、ドメインの取得とホスティングする際の手数料くらいだ。これが実現したとすると、コンテンツを公開した人間は収益化を比較的容易にできる。

それは、「このコンテンツをすべて見るには10円払ってね」といった設定を設けることができるからだ。現在、課金し記事へアクセスするために多くは会員登録が必要であるが、DWordpressでは必要ない。Metamaskにつなぐだけ、あるいはLightning NetworkでInvoceを発行するだけだ。

さて、このパブリッシャーはWordpreesでコンテンツを投稿するよりも自由度が高く、もしかしたら低コストに情報発信を運用ができるかもしれない。ストレージは分散型であるので政府に消されることはない。IPFSに保存すると仮定すると、自分でノードを立ててれば無料だし、難しいようなら少しお金をはらって誰かにノード運用を代行してもらうだけだ(Filecoinまだかな)。

自分が発信したコンテンツでなんらかの収益化ができるのであれば、ユーザーはDWordpressで情報発信を行うインセンティブは十分にあるだろう。Google AdSenseなどで出てくるスパムのような広告で小銭を稼ぐよりも、価値が伝わるべき人から収益を得ることができるのではないだろうか。

開発企業の収益源

では、DWordpressを開発する企業はどのように収益を出すのだろうか?ユーザーが記事を書く時点ではお金を払っていないし、ブログサービスでもないのでサブスクリプションで毎月5〜10ドルを取るといったこともできない。

OSSやCMSをよく見て使っている人はすぐに分かると思うが、収益源の答えは機能拡張・サポートだ。

オシャレで美しいテーマや追加機能を補助するプラグインなどを販売したり、ホスティングをサポートすることで収益を得ることができる。ホスティングを永続的にサポートすることで、実際にかかる費用と請求する費用との間で鞘も取れる。

こうしてみると、DWordpressは健全な企業が開発しているDappだと言えるだろう。もちろん、オープンソースなので誰でも開発に参加できるし、DWordpress以外の企業や個人がテーマ・プラグインを提供し収益をあげることもできる。ほか、MongoDBの運用を補助する企業やHerokuのようにデプロイを容易にすることで収益化する企業がでてくるといった生態系もできそうだ。

DWordpressは完全なるDappであり、コアを開発している企業はゴミトークンを発行せずにビジネスモデルを構築できる。

おそらく、DWordpressのようなものができるとすると、初期は過激なエロか薬物か右翼的な記事が多くでるだろうが、こういったネットワーク効果によってより一般的なコンテンツも投稿されるようになるだろう。

Spankchainのように、エロには金が入ることが実証されている。言葉はきれいでないが、ハードや違法まがいのエロコンテンツ好きは世界中に腐るほどいる。そういった人たちはダークウェブなどで素材を探すわけだが、DWordpressのコンテンツが保存され記録されるのはブロックチェーンであり、分散ストレージだ。政府は規制で消すことができず、ノードが全滅しない限り残り続ける。

が、パブリッシャーは支払いを暗号通貨で行えばよくKYCが必要ないので匿名で運営できるわけだ。しかも、誰でもアクセスできるネットワークでユーザーはコンテンツを閲覧することができる。

誰でも検閲を気にせず情報発信をできるという本来の目的ではないが、こういった需要もあるのでDWordpressのようなモデルは成り立つんじゃないか、という妄想でした。

これ誰か作ろうとしているんじゃないかな、と思っています。

1時間くらい前にふと思ったことを書き留めただけので細かい事は言わんといて下さい笑

Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。
- Advertisement -
- Advertisement -

こちらもオススメ

日本で合法な大麻ビジネス。経験者が教える、CBD販売の懸念事項や注意点など

この記事は、CBD販売における注意点や考慮事項を経験者が書いているものです。 ここ最近、僕はCBDビジネスに関する相談を受けることがちらほらあり、その都度同じような事を話していました。 僕に問い合わせてくる方はブログ等から入ってきてくれるのですが、なにせ提供する情報が同じような事ならインターネットへ公開したほうが速いと判断した次第です。 勿論、話す人ごとに内容の詳細は変えています。 私自身は大麻(マリファナ)に結構詳しく、日本有数の大麻のメディアを運営していたり、またCBD販売の経験があります。

『テンプルトン卿の流儀』から分かる常に比較し安く買うことの大切さ

『テンプルトン卿の流儀 』は、マネー誌が「20世紀最高のストックピッカー(銘柄選択者)」と称えた伝説的なファンドマネジャーのジョン・テンプルトン氏の事を、その子孫であるテンプルトン・ローレン・C氏が書いた本である。 ジョン・テンプルトン氏は俗に言うバリュー投資家として分類され、バリュー投資は世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も使用している価値観だ。 バリュー投資とは、本来ある価値よりも大幅に安く見積もられている企業(株価が低い)を長期的に保有することでリターンを得ていく手法だ。ジョン・テンプルトン氏は早くから世界に目を向けグローバル投資を創始し、50年にわたって市場平均をアウトパフォーム(収益率が上回る)したことで広く知られている。 Amzonの内容紹介から引用させてもらうと、本書は簡単に言えば以下のような事が書かれている。

セックスが楽しいのはなぜか?モデリングと身体や脳への影響などについて

生殖器はセックスにおける重要な部分であるが、セックスから生まれる快感は多くの身体の部分と関連している。快楽を伴うセックスは脳に大きく依存しており、脳は性的快楽を支えるホルモンを放出し、刺激を快楽と解釈する。 2016年のある研究では、脳が最も重要な生殖器官である可能性が示唆されている。著者は、オーガズムは脳内で催眠のような状態を引き起こす可能性があり、感覚認知の亢進状態(こうしんじょうたい)であることを発見した。 本記事では、セックスが身体と脳に及ぼす影響と、これらの影響がセックスをどのように感じさせるかを検討した。また、なぜセックスがうまくいかないのかについても考察している。 セックスがもたらす身体への影響

新興宗教の教祖になる方法「実践編」 ー 運営するイロハ【地位と尊敬をゲット!】

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://keisukekuribara.com/how-to-become-a-guru-thought-edition/ https://youtu.be/e57UafGB6Lk

失敗は成功の「前提必須条件」であることが判明👏

どの分野で成功するにも、良いアイデア、努力、規律、想像力、忍耐力、運の強さなどの要素が必要だ。 そして、忘れてはならないのが、ノースウェスタン大学のDashun Wangと彼の同僚が、1985年から2015年まで米国立衛生研究所(NIH)に提出された、776,721件の助成金申請の分析に基づいた新しい論文において、『成功のための必須条件』と呼ぶ『失敗』の存在である。 ほか、研究者らは事業の成否を予測する数学モデルを作成するために、ベンチャーキャピタル(VC)が行ったスタートアップへの46年分の投資も分析した。 さらに、Wang氏は1970年から2017年の間に起きた、170,350件のテロ攻撃のデータセットについて、このモデルをテストした。

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -