10.1 C
Tokyo
日曜日, 12月 15, 2019

日本で合法な大麻ビジネス。経験者が教える、CBD販売の懸念事項や注意点など

この記事は、CBD販売における注意点や考慮事項を経験者が書いているものである。

ここ最近、僕はCBDビジネスに関する相談を受けることがちらほらあり、その都度同じような事を話していた。

僕に問い合わせてくる方はブログ等から入ってきてくれるのだが、なにせ提供する情報が同じような事ならインターネットへ公開したほうが速いと判断した次第だ(勿論、話す人ごとに内容の詳細は変えている)。

私自身は大麻(マリファナ)に結構詳しく、日本有数の大麻のメディアを運営していたり、またCBD販売の経験がある。

  • これからCBDビジネスを始めたいと考えている方
  • CBDビジネスを新規事業の候補に入れている方
  • 大麻に興味がある方
  • 日本で合法的な麻ビジネスに興味がある方
  • 単純に消費者としてCBDに興味がある方

上記の方にとっては、非常に有用な知見を得られる記事となっているはず。

実際にまずやってみたり、知っていそうな人へ声をかけたり、情報を探してみたりするより、この記事を購入してもらった方が効率が良いことは間違いない。

また、失敗する可能性を大幅に減らすこともできる。

本レポートは、自身のオンラインショップでも販売している。手数料の観点より、そちらの方が安価に設定している。Discordグループに300円引きクーポンを記載しておいたので、PDFかつ割引で読みたい方は、無料グループに入っていただいた方がお得だ。

なお、500円などで売らないのは、そこまで遊びで購入してもらう内容ではないから。ちゃんと、興味がある人のみを対象にしたい。

大麻に関する記事は、こちらからどうぞ↓

Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。
- Advertisement -

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

Latest News

お金の問題になるとヒトの脳は判断を間違うようプログラムされている

我々はお金で苦労したくないと考えるが、実際は惰性に負けたり、セールの衝動で無駄遣いをしてしまったりする。 これは、なぜか。 CNBC Financial Wellness Councilのメンバーで、金融心理学と行動ファイナンスの准教授であるBrad Klontz(ブラッド・クロンツ)博士が理由を説明してくれている。 意訳して紹介したいと思う。 https://twitter.com/DrBradKlontz/status/1204082081434914817?s=20

【ファクトフルネス】思い込みを乗り越え、世界を正しく見る習慣。賢い人ほど真実を知らない②

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://www.youtube.com/watch?v=F7Xvlw8i_y0 はじめに 前回の動画では、分断本能やネガティブ本能について話してきた。

【ファクトフルネス】思い込みを乗り越え、世界を正しく見る習慣。賢い人ほど真実を知らない①

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://youtu.be/3zbf84SP8zg はじめに  今日は、最近人気の本である「FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」を紹介したいと思います。

シリコンバレーで流行りのドーパミンファスティングを神経科学教授が物申す

シリコンバレーで流行りの健康法に、ドーパミン・ファスティング(ドーパミン断食)がある。 ドーパミン・ファスティングは、ドーパミンとして知られる脳の快楽物質を減らすことによって、脳を効果的に『リセット』するというもの。ファスティング(断食)と呼ばれることから、ジャンクフード、セックス、アルコール、SNS、スマートフォンの長時間利用などを削減すると、生活がより良くなると信じている。 中には、すべてのSNSやアイコンタクトを避ける人すらいるようだ。 そして今、アメリカでの流行を受け、日本のメディアもドーパミン・ファスティングに関する記事を公開しはじめた。 https://www.businessinsider.jp/post-200019 サンフランシスコの心理学者、Cameron Sepah(キャメロン・セパ)博士が『ドーパミン・ファスティング』と名付けたこのエクササイズは、今世界の注目を集めている。

Must Read

ブルーライトは目の疲れや睡眠不足、視力低下の主な原因でない。研究より

ブルーライトは、睡眠不足や目にダメージを与えるとして非難されている。 スマートフォンなどの電子機器は、実際に他の色より多くブルーライトを発する。ブルーライトは波長が短いため、エネルギーが高く、目のデリケートな組織に損傷を与える可能性が高い。 参照元:Jins またブルーライトは、光を視覚の基盤となる信号へ変換するニューロン集合体の網膜にも到達する。

スティーブ・ジョブズが愛したドラッグ『LSD』の誕生から最新研究まで

1970〜90年にかけてアメリカのテレビで大々的に放送された公共広告は、薬物使用による有害な結果を警告した。放送されたコマーシャルでは、俳優に精神病の発作が起こった事を描写させたりして、薬物が精神衛生と脳にどれほど有害かを示した。 薬物は嗜癖性があり使用者の健康に有害であることは明らかだが、特にリゼルグ酸ジエチルアミド(Lysergic Acid Diethylamide:LSD)に関する脳の働きへの理解は、現状幻覚剤の違法性と研究資金不足のために限られている。 https://flic.kr/p/aUDrwv 故フランシス・クリック(二重螺旋構造の発見者)、ビル・ゲイツ(Microsoft創業者)、故スティーブ・ジョブズ(Apple創業者)らの成功とLSDの啓発的経験を結びつけたくなるが、LSDが人間の脳へどのように影響するかをより深く理解するための研究機会は非常に限られている。

裁定取引戦略の1つ、統計的アービトラージを理解する

この記事は、アービトラージ、つまり裁定取引のなかでも統計的アービトラージを解説している。 基本となる定量トレーディングの解説から行っているので、非常にわかりやすいはずだ。 定量的トレーディングとは 定量的トレーディングは、統計的手法及び過去データの定量的分析を用いてトレーディングの機会を特定する。定量的トレーディングは、マクロ経済事象や有価証券の価格データなど、定量化が可能な情報を適用して取引を行う。定量的トレーディングのモデルは、証券取引がコンピューターアルゴリズムの売買決定のみに基づいて行われる場合は、アルゴトレーダーと呼ばれる。このような定量的手法を利用するアルゴリズムトレーディングで適用される戦略の例として、統計的アービトラージ戦略がある。 統計的アービトラージ

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -