ホーム 科学

科学

【武漢】中国の新型コロナウイルス「ヘビ」が発生源かもしれない

中国でこの冬、呼吸器系の致命的な感染症が発生している。新たに発見されたコロナウイルスの元凶は、「アマガサヘビ」や「コブラ」といった『ヘビ類』かもしれない。 コロナウイルスは、中国中央部の主要都市である武漢で、2019年の終わりに最初に報告され、世界中へ急速に広がっているようだ。 以来、武漢を経由した旅行者によって、中国だけでなくアメリカなど他の国の人にも感染している。 患者から分離したウイルスのサンプルを使い、中国の科学者たちはウイルスの遺伝子コードを特定し、顕微鏡を使って写真を撮影した。

クリスマスに関する5つの科学的見解

あなたは、クリスマスが訪れることに幸せを感じるだろうか、それともストレスを感じるだろうか。 この記事では、クリスマスに関する、5つの科学的な調査結果を示したいと思う。 Via Alu え、僕はどうかって? それは、、

【LSD】沢尻エリカの好み?サイケデリックドラッグ誕生から最新研究まで

1970〜90年にかけてアメリカのテレビで大々的に放送された公共広告は、薬物使用による有害な結果を警告した。 放送されたコマーシャルでは、俳優に精神病の発作が起こった事を描写させたりして、薬物が精神衛生と脳にどれほど有害かを示した。 https://youtu.be/8L3HWR_jtlA 薬物は嗜癖性があり使用者の健康に有害であることは明らかだが、特にリゼルグ酸ジエチルアミド(Lysergic Acid Diethylamide:LSD)に関する脳の働きへの理解は、現状幻覚剤の違法性と研究資金不足のために限られている。