2020-01-26 (日曜日)
ホーム 大麻

大麻

大麻化合物は抗生物質が効かない「スーパーバグ」の武器になる可能性

大麻植物から抽出した成分を合成した化合物が、薬剤耐性菌(スーパーバグ)を死滅させることが明らかになった。 このことから、スーパーバグへの新たな武器として、大麻濃縮物の期待が高まっている。 研究者たちは、抗生物質の性質を調べるために5種類の大麻化合物をスクリーニングし、カンナビゲロール(CBG)が、病院で最もよく見られる病原菌の1つであるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を殺傷するのに、特に有効であることを発見した。 MRSA, or methicillin-resistant staphylococcus aureus, is a bacterium that...

「大麻が健康に良い」というツイートは誤解に満ちている

日本とは異なり、アメリカでは、娯楽用大麻(レクリエーション・マリファナ)の合法化や、大麻が健康問題に役立つ可能性について、多くの議論がなされている。 大麻の研究者たちは、健康状態を改善する能力について、多くのことを発見するかもしれない。しかし、医学界は大麻の短期的な健康への影響として、短期記憶障害、注意力障害、協調運動障害、睡眠障害などがあることを知っている。 南カリフォルニア大学のJon-Patrick Allem氏は、SNSのデータを利用した公衆衛生や政策について研究している。Allem氏は、調査の一環として、健康の考えや行動に関するTwitterの会話をモニターしているという。 American Journal of Public...

【大麻の主成分】CBDとTHCの違いを徹底解説

大麻(マリファナ)や麻製品の合法的な使用機会が増えるにつれ、消費者は選択肢へ興味を持つようになっている。これには、カンナビジオール(CBD)とテトラヒドロカンナビノール(THC)が含まれる。 CBDは麻(Hemp)またはマリファナ(Cannabis、Marijuana)から抽出できる。『麻』は、THC含有量が0.3%未満の麻植物(産業用大麻と呼ばれる)で、大麻はTHC含有量が高い麻植物(マリファナやカンナビス)だ。 CBDはジェルやガム、オイル、サプリメント、エキスなどの形で販売されている。 THCはマリファナの主要な精神活性化合物であり、ハイな効果を生む。マリファナジョイントやボングで吸うのが一般的な摂取方法だ。また、オイル、食用オイル、チンキ剤、カプセル剤などもある。 Photo by Ronn cid on Unsplash

シカゴで元旦から娯楽用大麻解禁のゴングが鳴り響く

2020年1月1日、イリノイ州は娯楽用大麻(マリファナ)の合法的な売買を認めることで、その他10州とコロンビア特別区の仲間に加わることとなる。 6月、イリノイ州は民主党のJ.B. Pritzker(ジェイ・プリツカー)知事が、1月1日から州民や訪問者が認可薬局で大麻を購入可能となる法案に署名した後、娯楽用大麻を合法化した11番目の州となった。 J. B. Pritzker知事 Via https://flic.kr/p/26xfqHG

大麻とアルコールは脳内でどう相互作用するのか

アメリカで人気の気分を変える2つの物質、大麻(マリファナ)とアルコールの併用はクロスフェードと呼ばれ、大麻規制が緩和されるにつれ一般的なものとなりはじめている。 したがって、大麻とアルコールを一緒に服用した場合、脳内で何が起こるのか理解しようとするのには、十分な理由がある。この質問に対する答えは、すでによく知られていると思われるかもしれない。 https://youtu.be/xWgpEouadRI 人類学者は、はるか昔から人間がアルコールと大麻を使ってきたと主張している。 現状、研究者が両者の相互関係を理解するには、まだもう少し時間が必要となっている。