2020-01-29 (水曜日)
ホーム ビットコイン

ビットコイン

ビットコインの何が面白いと思うか💸

特に公言しているわけではないが、僕はおそらくビットコイナーに分類される。なぜなら、その他ブロックチェーンと言われるものへ関心を持っているものの、ビットコインほどではないからだ。 ビットコイン一筋で、それ以外は邪道というマキシマリストでないが、ビットコインというものを強く『信用』している一人である。 では、なぜ僕はビットコインを信用しているのか。 それは、『信用がいらない』からである。そして、信用がいらない、つまり『トラストレス』であることが、僕は最も面白いと感じている。トラストレスの定義は人それぞれあるだろうが、僕は取引に際する信用が極めて小さいことだと考えている。 ビットコイン自体はここ10年ほどで出来たものだが、用いられている要素は、さして新しいものでもない。新しいアルゴリズムを用いることで、何かを解決しようとするプロジェクトが多い中、ビットコインはすでに確立されている既存技術をうまく組み込み(PoW)、経済合理性が働きやすいプログラムにインセンティブを組み込んだ。 そして、ビットコインの世界では、全ての人間が、公平で同じ立場にいる。

BTCPay Serverで同期を早めるためFastSyncを使う

OSSの暗号通貨ペイメントプロセッサーであるBTCPay Server。Lightning Networkを採用するにあたりジェネシスブロックからビットコインノードを同期するため、稼働環境次第では使えるまで非常に時間がかかってしまう。 実際、安価なVPSで貧弱な環境だと数日、Microsoft Azureなどの高機能な環境でも2日程は要する。 そこで、一旦同期が完了するまでは外部サーバーの特定ブロックでUTXOセットをダウンロードし、ノードに展開することで同期を数時間で完了させられる『FastSync』を採用してみる。 余分なブロックの同期を外部サーバーへ委任し、必要な情報だけを取ってくるのはSPVノードと似ており、合理的だ。 しかし、勿論欠点もある。それは、委任した外部サーバーが悪意を持っていた場合は情報が改ざんされているかもしれないこと。

ShopifyとOpenNodeが統合。Lightning Network決済を手軽に導入できるぞ

Bitcoin Magazineが伝える所によると、Shopifyで作られたオンラインストアはLightning Networkを使った決済を採用できるようになる。 世界最大級のEコマースプラットフォームであるShopifyは、50万以上のマーチャント向けて、OpenNodeによるビットコインのメインネットとLightning Networkを採用することとなった。 Shopify上でのビットコイン決済は、これまでもBitPayとCoinbase Commerceを通じて可能になっていたが、いずれもメインネットのみであり安価で高速なLightning Network決済は初めてとなる。 OpenNodeのCEOであるAfnan Rahman氏はBitcoin Magazineに対し、「他の決済サービス事業者はユーザーとっても事業者にとってもスムーズなサービスを提供できてないので、全体としてのサービス向上を図っていく」と語っている。

Wasabi Wallet、zkSNACKs、Chaumian Coinjoinの概説するやで

この記事では、非常に高い匿名性を持つビットコインウォレットのWasabi Wallet、その背後にある企業zkSNACKsとミキシング技術のChaumian Coinjoinを簡単に紹介したい。 通貨に匿名性を持たせる事の利点だが、これは匿名性の高い通貨の方が価値が高くなることに起因する。 自身が受け取ったコインは、<どう><誰によって><いつ>取引されていたか、全て分かるような通貨を日常的に使おうとならない。プライバシーのかけらも無いからだ。 犯罪に使用された事が露見した場合、そのコインを受け取らないという事業者や人が出てくるはずなので、匿名性が低い通貨のファンジビリティ(代替可能性)は著しく低い。 つまりは、人が『積極的に受け取りたがらない』通貨の価値は、あまり高くないのである。マネーロンダリングや犯罪、脱税、政治献金(裏金)などは、なぜ現金で行われるのかを考えれば分かる事だ。

ベネズエラのビットコイン取引量が過去最高を記録

統計分析によると、ベネズエラのボリバル・ソベラノとビットコインへの取引(主にビットコインへの交換需要)は、2019年8月の初めに史上最高値を記録している。 インフレ通貨とビットコインへの需要 2019年に入ってからベネズエラのボリバルは深刻なハイパーインフレが続いており、国際通貨基金(IMF)は会計年度中にインフレ率が1000万%上昇すると予測している。 人参を買うのにも大量の紙幣を必要とするベネズエラ。数日後にはこの紙幣では買えなくなる。 Via : thedailybeast 経済環境が不安定となった結果、暗号通貨(主にビットコイン)は既存経済の値動きに比べて比較的安定した価値の保存手段となっている。一般市民がビットコインやその他暗号通貨のユーザーになっていることに加え、ベネズエラ政府自身も独自の国家支援となるコインをローンチし、大規模なビットコイン取引のパイロットプログラムをテストした。