Designed item on Suzuri 👔

大麻に関するレポート販売したらPaypalからアカウント凍結食らった

大麻
この記事は約3分で読めます。

タイトルどおり。いやー、辛い。。

Paypalは世界中で浸透しているサービスなので、支払いを受け付けたり送金するのに非常に便利だったのだが、アカウント制限解除できないらしい笑。

てことで、Paypalの利用規約・禁止項目を見てみる。

以下の行為のためにPayPalサービスを利用することはできません。

不文法、成文法、条例または規則に違反する。
以下の物品に関与する取引。(a)麻薬、ステロイド、特定の規制薬物、あるいはその他消費者の安全をおびやかす商品、(b)ドラッグ関連用品、(c)タバコ、(d)他者の違法行為を奨励、促進、手助けまたは指示する物品、(e)デジタルコンテンツおよびバーチャルコンテンツを含む盗品、(f)憎悪、暴力、人種差別または犯罪となる経済的搾取の促進、(g)わいせつと認識される物品、(h)著作権、商標、パブリシティ権、プライバシー権またはその他あらゆる管轄の法律に基づく所有権を侵害または違反する物品、(i)一部の性的関連物品またはサービス、(j)銃弾、火器、特定の火器部品、またはアクセサリー、あるいは(k)適用法によって規制されている特定の武器または刃物。
以下の行為に関与する取引。(a)適用法に違反して第三者の個人情報を開示するもの、(b)ネズミ講、ポンジー式商法、マトリクス商法、その他の「一獲千金」商法または一定のマルチ商法プログラムを支援するもの、(c)年金または宝くじの購入契約、商品留め置き方式、融資目的のオフショアバンキングまたはオフショア取引、またはクレジットカードを資金源とする負債の再融資に関係するもの、(d)売り手が一定の商品を管理または所有する前に販売するためのもの、(e)決済代行会社が売り手側に代わって支払いを回収するためのもの、(f)トラベラーズチェックまたは郵便為替の販売に関係するもの、(g)通貨換算または小切手の現金化事業にかかわるもの、(h)特定のクレジットの回復、債務清算サービス、クレジット取引または保険取引にかかわるもの、あるいは(i)贈収賄または汚職目的の支払いの提供または受領にかかわるもの。
政府機関によって不正である可能性が高いと判断される製品またはサービスの販売への関与。

Paypal利用規約

僕が販売してアカウント制限くらったのは、おそらく大麻の栽培方法というレポートだ。僕の認識では、実物を販売したわけでないし、そもそも日本で現状大麻は違法なので知識共有が目的である旨を記載していた。

すなわち、販売したのはレポートという電子媒体(980円)であり、実際の物品ではないから大丈夫だろうと考えていたわけ。屁理屈こねると規約に沿っているが、Paypalさんはこのアカウントやべーなと判断したのかもしれない。

何の注意も無く突然アカウント制限されたので使えない理由に気づかなかったし、内容を問い合わせても解答してくれなかった。

これから際どいものは販売しないので、大目に見てほしいところである。

あまりにも普通のものを販売する以外でPaypalを使う際は、皆さんお気をつけください!

*僕は大麻を栽培、販売、使用していない。