10代の若者もコーヒーを飲んで大丈夫??

若者健康
Photo by Marko Novakovic on Unsplash
この記事は約4分で読めます。

コーヒーに含まれている眠気覚まし成分のカフェインが、子どもに与える影響を、多くの親は気にするところでないでしょうか。

実際、10代の若者は日常的にカフェインを摂取しています。

主な供給源はジュースです。

紅茶やコーヒーよりレベルは低いものの、コーラでさえカフェインを含みます。

子どもは、チョコレート、ブラウニー、クッキーなど、さまざまな食べ物や飲み物からカフェインを摂取することもできます。

さらに、エキセドリンなどの市販薬は、カフェインの重要な供給源です。

また、コーヒーは12歳以上のアメリカ人の間では、人気のドリンクとなっています。

栄養学者であるJennifer L. Temple氏の研究では、毎日1杯コーヒーを飲んでも、12歳以上の子供が害を受けることはないと確信しているそうです。

例えば、アイスティーやソーダ、チョコレートバーなどとコーヒーを一緒に飲むと、医師が推奨するカフェインの制限値である、100ミリグラムを超えてしまう可能性があります。

大人は、400ミリグラムまでのカフェインで問題ありません。

カフェインは、さまざまな食べ物や飲み物に含まれているため、必要以上に摂取しやすいです。

飲料と食品カフェインの量(mg)
コーラ48
マウンテンデュー54
紅茶ホット48
アイスティー34
レッドブル75
NOS163
淹れたてコーヒー96
インスタントコーヒー62
チョコレートミルク3
チョコレートバー23
チョコレートプリン5
チョコレート焼き菓子3
Table: The Conversation, CC-BY-ND  Get the data

副作用

カフェインを過剰摂取すると、子どもの気分が悪くなったり睡眠時間が取れなくなったり危険を冒したり、攻撃的になったりするなど、さまざまな悪影響が出ます。

コーヒーを飲むと、神経過敏になったり、不安になったり、吐き気を感じたりする子供もいます。

これは、心拍数や血圧を変化させるからです。

場合によっては、カフェインを摂りすぎると、子どもが違法薬物を使用したように感じることさえあります(体質)。

ただし、睡眠への脅威は、カフェインの副作用で、深刻なものではないかもしれません。

睡眠に関する研究に資金を提供している非営利団体『National Sleep Foundation』は、10代の若者は、1晩に約9時間の睡眠をとるよう勧めています。

しかし、調査によると、平均的な子どもの睡眠時間は、それよりもずっと短いです。

年齢平均睡眠時間推奨睡眠時間
118.410.5
128.110.5
138.19
147.69
157.39
1679
176.99
Chart: The Conversation, CC-BY-ND  Source: Eve Van Cauter and Kristen L. Knutson  Get the data

古い神話

大人の中には、カフェインを飲むと成長が妨げられると子どもに言う人もいるでしょう。

そう考える人がいるのには、主に2つの理由があります。

第1に、カフェインは骨の中のカルシウムの量を減らすということです。

第2に、日中にカフェインを摂取することで睡眠を妨げるというものです。成長を促す成長ホルモンは、睡眠の早い段階で分泌されるので、睡眠時間が減ると成長促進を損なうという考えです。

これらの懸念はどちらも妥当ではない事が判明しました。

思春期の若者81人を6年間追跡したある研究では、カフェインと骨密度の間に関連性はないことがわかっています。

別の研究では、睡眠時間と成長の間に、優位な関連性は認められませんでした。

このことから、教授であるTemple氏は研究に基づき、子供が12歳になったら、朝一番にコーヒーを1杯飲むように指導しているそうです。

スターバックスのフラペチーノなど、若者に人気の甘いアイスコーヒーやフレーバーコーヒーには、50グラムを超える糖分が含まれています。

砂糖を過剰に摂取すると、健康に悪影響を及ぼすこともあります。

朝体へ入れたカフェインの刺激は、就寝前になると、とっくに消えています。

カフェインが有効に作用する時間を考慮し、子供の睡眠を守るためにも、午後3時以降はカフェインを含む製品を与えないようにすれば良いのです。

これは、大人も同様です。

コーヒーを飲みたくなったら、デカフェまたはカフェインレスのコーヒーを飲むようにしましょう。

参照:theconversation

健康

↓↓↓移動中やスキマ時間にインプットできるAudibleはオススメです✌️

この続きはcodocで購読
Keisuke Kuribara

株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間20万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)を保有。

Keisuke Kuribaraをフォローする

クリブログ

コメント