10.1 C
Tokyo
日曜日, 12月 15, 2019

ボードゲームには記憶力や思考能力の老化を防ぐ効果がある

カードゲームやボードゲームなどをする人は、年をとっても精神的に優れた状態の傾向にあることが、エディンバラ大学の研究で示唆されている。

70歳代では、デジタルではないゲームを定期的にプレイしている人の方が、記憶力や思考能力のテストで高いスコアを示した。

また、70代からゲームのプレイ時間を増やした人は、さらに年齢が上がっても思考能力を維持する傾向が高かった。

研究の要約

この研究では、エディンバラ大学の心理学者たちが70歳以上の1000人を対象に以下の項目を調べた。

  • 記憶力
  • 問題解決能力
  • 思考速度
  • 一般的な思考能力

その後、79歳まで3年ごとに、同じ思考テストを繰り返した。

また、70歳と76歳のときに、トランプ、チェス、ビンゴ、クロスワードなどのゲームをどのくらいの頻度でプレイしたかも尋ねられた。

研究者たちは、統計モデルを使ってゲームのレベルと思考力の関係を分析した。

参加者が11歳のときに受けたという知能テストの結果を考慮に入れ、教育、経済状態、活動レベルのようなライフスタイル因子も考慮している。

ゲームを定期的に行っている人は、特に記憶機能と思考速度の低下が小さかったようだ。

11歳と70歳のMoray House Test(MHT)スコアの箱ひげ図、およびゲームのプレイ頻度。MHTスコアは、0から76のスケールで認知機能を表している。

研究者らによると、この研究結果は、どのようなライフスタイルが、後年の認知機能の向上へ繋がるかをより理解するのに役立つという。

研究はまた、高齢になっても思考力を維持する最善の方法について、意思決定を後押しする可能性もある。

エディンバラ大学 哲学・心理学・言語科学部のDrew Altschul(ドリュー・アルツシュール)博士は、次のように述べている。

「この最新の知見は、人生でより多くの活動に従事することが、後の人生における思考能力と関連しているかもしれないという証拠を示しています。70歳以上の人にとって、デジタル以外のゲームをすることは、認知力の低下を軽減するというメッセージもあるようです」

Drew Altschul

エディンバラ大学 認知老化・認知疫学センター所長のIan Deary(イアン・ディアリー)教授は、次のように話している。

「私たちは、高齢者の健康維持に役立つであろう活動を絞り込みつつあります。ゲームの中でも、他のゲームより強力なものがあるかどうかを調べてみるといいでしょう。また、身体的に健康であることや喫煙しないことなど、他いくつかのことがより良い認知年齢に関連していることを指摘しました」

Ian Deary

手を動かし、脳を使う活動は高齢期の思考能力を維持するという点で、様々な疾患等のリスクを軽減する効果もありそうだ。

参照:sciencedaily

Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。
- Advertisement -

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

Latest News

お金の問題になるとヒトの脳は判断を間違うようプログラムされている

我々はお金で苦労したくないと考えるが、実際は惰性に負けたり、セールの衝動で無駄遣いをしてしまったりする。 これは、なぜか。 CNBC Financial Wellness Councilのメンバーで、金融心理学と行動ファイナンスの准教授であるBrad Klontz(ブラッド・クロンツ)博士が理由を説明してくれている。 意訳して紹介したいと思う。 https://twitter.com/DrBradKlontz/status/1204082081434914817?s=20

【ファクトフルネス】思い込みを乗り越え、世界を正しく見る習慣。賢い人ほど真実を知らない②

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://www.youtube.com/watch?v=F7Xvlw8i_y0 はじめに 前回の動画では、分断本能やネガティブ本能について話してきた。

【ファクトフルネス】思い込みを乗り越え、世界を正しく見る習慣。賢い人ほど真実を知らない①

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://youtu.be/3zbf84SP8zg はじめに  今日は、最近人気の本である「FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」を紹介したいと思います。

シリコンバレーで流行りのドーパミンファスティングを神経科学教授が物申す

シリコンバレーで流行りの健康法に、ドーパミン・ファスティング(ドーパミン断食)がある。 ドーパミン・ファスティングは、ドーパミンとして知られる脳の快楽物質を減らすことによって、脳を効果的に『リセット』するというもの。ファスティング(断食)と呼ばれることから、ジャンクフード、セックス、アルコール、SNS、スマートフォンの長時間利用などを削減すると、生活がより良くなると信じている。 中には、すべてのSNSやアイコンタクトを避ける人すらいるようだ。 そして今、アメリカでの流行を受け、日本のメディアもドーパミン・ファスティングに関する記事を公開しはじめた。 https://www.businessinsider.jp/post-200019 サンフランシスコの心理学者、Cameron Sepah(キャメロン・セパ)博士が『ドーパミン・ファスティング』と名付けたこのエクササイズは、今世界の注目を集めている。

Must Read

WordPressで真面目にサイト運営するなら最低限やっておきたいセキュリティ対策

この記事では、Wordpressで構築したウェブサイトを真面目に運用するのであれば、最低限やっておきたいセキュリティ対応を書き連ねている。 Wordpressは便利で、世界中の人が使っており、非常に柔軟だ。つまり、それだけクラッカー(悪意あるハッカー)から攻撃を受けてもおかしくないということ。 よくあるWordpressサイトへの攻撃は、Wordpressそのものが悪いのではなく、管理する人間の不手際から起こるものだ。Wordpress自体を主に開発しているAutomattic社は、ハッカーに脆弱性を発見してもらい、修正するためのプラットフォーム『hackerone』へ参加している。 //cdn.iframe.ly/embed.js コアは比較的安全なので、管理する側の落ち度はなるべく減らしたい。

月$3.5〜のAWS Amazon Lightsailで独自ドメイン&SSL化されたWordPressを構築してみた、中規模なコーポレートサイトやブログにオススメ

ロリポップで契約していたウェブサイトの動作が遅すぎたので、サーバーを移行しようと考えていた。小規模なウェブサイトであったし、VPSや新規にレンタルサーバーを契約するほどでもない。 そんな時、月$3.5から利用できるAWSのAmazon Lightsailを知ったので、こちらへ移行することに決めた。ロリポップが月648円だったので、移行したほうが安価でサイトも高速化されることになる。 WordpressはBitnamiのイメージが用意されているため、1クリックで起動が可能。非常に使えるサービスだと感じたので、本記事で紹介したいと思う。 体感として、ロリポップでのウェブサイトが読み込みに5かかるとすれば、Lightsail製のウェブサイトは2といった感じ。Bitnamiのイメージはある程度チューニングされているので、やはり高速だ。

猫組長著『アンダー・プロトコル 政財暴一体で600億円稼いだ男の錬金哲学』で印象的だった文言

Kindleのセールで安くなっていたので、猫組長氏の書籍『アンダー・プロトコル 政財暴一体で600億円稼いだ男の錬金哲学』を購入してみた。 本の内容は、著者が投資を始めたきっかけから商売を行っていく様子、他人資本を入れてレバレッジ取引していく様子、バブル崩壊で借金を追う様子、債権者のうち1人であった人に金を返すため暴力団に入る様子、石油ビジネスを行っていく様子、プールさせていたオフショア銀行にテロリストの資金が入り凍結された様子、などが書かれている。 本を読んだ感想としては、猫組長は非常に合理的で頭が良い人だというところ。商売が非常にうまい。経済合理性を追求した金融市場で生きている人物だけあって、あまり無駄が無い。 表の世界でも事業を普通に成功させ、裏の世界でも巨額の資金を扱っていた著者の本は、読んで見る価値があると思う。 本の中で印象的だった文言があるので、記述しておく。自分なりに咀嚼して貰えればと思う。

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -