BitnamiでローカルにWordPressのテスト環境を作る

- Advertisement -クリブログ

WordPress(ワードプレス)製のウェブサイトで、新しいテーマやプラグインを試したいとしよう。

このとき、いきなり実際にサイトが稼働している環境へ、いきなり突っ込むのは少し怖い。そこで、ローカル(手元のPC)などのデモ環境で稼働させてみてから、本番環境に入れるという手順を取ることは多い。

代表的なものでは、PHPの開発環境であるXAMPPなどがある。

だが、今回はより手軽にインストールでき、そのままの環境がクラウドにもあるBitnamiを使う方法を解説する。

Bitnamiとは

Bitnamiは、様々なオープンソースアプリケーションのパッケージングを提供する企業だ。ローカルにインストールするものから、クラウドで展開するものまでを用意している。

AWSやDigitalOceanといったクラウドベンダーにアプリケーションとしてパッケージングされていることで、迅速にビルドできる。

サーバーアプリケーション、開発スタック、インフラまでを、仮想マシンからクラウドまで多様に展開しているので、開発の障壁が大きく下がる。

CEOであるDaniel Lopez氏は、Bitnamiについて以下のように説明している。

Bitnamiは、違いを抽象化しようとするのではなく、機能が同等のプラットフォームに最適化されたアプリケーションとインフラスタックを提供することによって、マルチクラウド、クロスプラットフォーム環境の管理を簡素化します。これにより、プラットフォーム間である程度の標準化が可能になると同時に、ベンダー固有の機能やサービスとの蜜な統合が可能になります。

先日、仮想化技術を開発・販売する大手企業VMWareに買収された。

インストール

では、ローカルにBitnami WordPress Stackのページに行く。このStackは、ウェブサーバーにApacheを使用しているが、Nginxを使用したものもある。したがって、クラウド上に展開されているウェブサイトがNginxならNginx、ApacheならApacheというように、希望のパッケージをインストールすると良い。

今回は、クラウドやDockerのイメージではなく、ローカルにインストールするため、「On my computer」を選択する。

僕の環境がLinuxであるため画像はUbuntuのものになるが、お手持ちの環境に合わせたパッケージをインストールすれば良い。

ダウンロードできたら、以下のようなファイル(僕の場合は「.run」)を開こう。Windowsの場合は「.exe」、Macの場合は「.dmg」だ。

プログラムとして実行可能にしてあげる。

起動すると、インストールする環境の言語選択画面が表示される。こだわりがなければEnglish(英語)で良いだろう。

案内にそって「Next」をクリックしていく。

Php My Adminなどもインストールしたい場合は、チェックしておこう。デフォルトはチェック済みである。

インストールする場所を選択する。ローカルでBitnamiの他パッケージ(Magento、Drupal、Ghost、Kibana、Discourse、Matomo、Mattermostなど)もいじりたい場合、「Bitnami_Dev_Local」のようなフォルダを作り、作成したフォルダにインストールすると良いと思う。

WordPressのお決まりである、名前、メールアドレス、パスワードを入力。他の誰も入らず、自分でテストするだけなら「user : user」「password : password」などで良い。

MySQLのポートを指定。デフォルトで問題ない。

ブログの名前を指定。後に変更できるし、デフォルトで良いだろう。

SMTP(メールの送受信)をする場合は、設定する。僕は特にいらないのでパスした。

Next!

Next!

インストール完了街の状態。数分待つ。

完了。Finish!

先でFinishをクリックすると、自動的にサーバーが立ち上がりローカルのIPアドレス「127.0.0.1:8080」などに遷移する。「Acceces WordPress」をクリックしよう。

BitnamiでローカルにWordpressのテスト環境を作る

お決まりの「Hello worsd!」画面。テーマはTwenty Nineteenだ。

あとはもう大丈夫なはず。いつものやつ。

裏側では、↓こんなふうにBitnami WordPress Stackが立ち上がっている。

8個ほど、デフォルトでプラグインがインストールされていた。全部削除だ

インストールする際にEnglishを選択したので、Site Languageが英語になっている。日本語が良い場合は、プルダウンメニューから「日本語」を選択し、保存してあげよう。

以上。

楽しんでください!

Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。
- Advertisement -
- Advertisement -

こちらもオススメ

オシャレなウェブサイトを5分かつ無料で公開する方法

さて、今回紹介する方法は今時のオシャレなウェブサイトを5分かつ無料で公開する方法です。 サーバーの契約は必要ありません。必要なのは、GithubやGitlab、Bitbucketなどリポジトリを管理するサービスのアカウントのみです。また、少しGitの使い方がわかれば大丈夫です。初心者には嬉しいですね。 使用するサーバー提供先はNetlifyというサービスです。上述したレポジトリ管理サービスでログインできます。 費用が発生するとすれば、独自ドメインで公開する際のドメイン代のみです。 勿論、Netlifyは無料で独自ドメインを設定でき、勝手にLet's...

牛乳は2倍のダイエット効果がある飲み物だった。カルシウムとビタミンDが鍵

牛乳をよく飲む人は、2倍の体重減少効果を見込めることが研究で明らかになった。 コップ2/3の牛乳でも、体重を4.5キログラム減らすことが期待できる。 この研究では、牛乳を飲む人の体重は、牛乳を飲まない人の2倍近く減少した。これは、カルシウムやビタミンDを含む、他の乳製品も同様に効果があるとのこと。 研究では、カルシウムとビタミンDの両方の濃度が高いほど、体重が減少することが示されている。 ビタミンDも必要な理由は、ビタミンDがカルシウムの吸収を助けるからだ。

マジでバカ過ぎてクッソ面白い『板谷バカ三代』というヤベぇ本に出会った

先日、知人に渡され『板谷バカ三代』という、マジでヤベぇ本に出会った。 タイトル通りなのだが、バカな本である。 なんと言っても、まず帯がスゴい。 自宅を火炎放射器で全焼させたお父さんが出てくるくらい面白い本です。実話らしいです。吉田智之(書籍の契約書担当者)

【母乳と乳児】母乳が持つ体内時計を伝える信号は赤ちゃんが時間を理解するのに役立ってるかもしれない

人間の母乳は食事以上のもので、赤ちゃんに時刻情報を提供する時計でもある。母乳の成分は時刻によって変化し、エネルギーを与える朝のミルクと、癒しを与える夜のミルクとは成分が異なる。研究者たちは、この母乳が持つ「慢性栄養」が、乳児が昼と夜を区別できるようにする体内時計的な役割を果たしており、新生児の新たな時間生物学のプログラムに役立つかもしれないと考えている。 乳房から直接出る母乳ではなく、搾り出され授乳前に蓄えられた母乳を赤ちゃんが飲むとどうなるだろう。研究者たちは、これまで乳児の発達に及ぼ母乳の「タイミングミス」という潜在的な影響をほとんど考慮してこなかったが、その影響は広範囲に及ぶ可能性がある。 育児の生物学を研究する心理学者として、ベス・デイリー氏、ローラ・グリン氏、キャロライン・スティール氏、キャロライン・ビクスビー氏らは協力し、母乳が時間の管理者となる証拠を調査した。 一日の体内時計

バックエンドがSiacoinの分散型クラウドストレージ『Filebase』を使ってみた

分散型クラウドストレージサービスである『Filebase』を使用してみたので、登録方法や設定方法、所感などを書いていきたい。 Filebaseとは Filebaseは、AWSのS3と互換性のあるオブジェクトストレージサービスだ。S3と異なる点として、データの保存先がブロックチェーンになる。使用されているブロックチェーンは、分散型クラウドストレージネットワークのSiacoinである。

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -