BitMEXで流出したメールアドレスのプロバイダー割合。Gmailは約61%

- Advertisement -クリブログ

日本時間で2019年11月1日、暗号通貨(仮想通貨)のデリバティブ取引専門ブローカーであるBitMEXが、顧客へのアナウンスをする際、CCで送るというミスを犯した。

そして、BitMEX側も顧客メールアドレスが流出したことを認め、原因追求に務める事を報告している。

実際、筆者の元にも大量のメールアドレスが送信されてきており、「あ〜、MEXやっちまったな」という感想しかない。

筆者はBitMEXで2FAを設定しているため、恐らくサイバー犯罪者にパスワード再設定などを勝手にされることは無いと思うのだが、現時点で多要素認証を設定していない人は早めに措置を講じることを推奨する。

んで、送られてきたメールアドレスを見た際、脆弱なプロバイダーを使用している人が多く驚いたので、いっちょメールプロバイダーの割合でも算出してみるかと思ったわけだ。

眺めた感じ、登録された際のIPアドレスなどに基づき居住区域をデータベースに入れているのか、言語設定で選択しているのか、日本人ぽいメールアドレスが非常に多かった。

割合を算出するサンプルとして1000件ちょっとなら、まあ悪くないだろう。

実際に流出したメールアドレスの割合は、以下の通り。

BitMEX

Gmailが最も多く、YahooやiCloudなどが用いられている。

では、少し整理するために、メールプロバイダーを以下のように分類してみるとどうなるか。

  • Gmail
  • Yahoo
  • キャリア
  • iCloud
  • Hotmail
  • Outlook
  • その他

結果は、次のようになる。

BitMEX

Yahooが約13%もいて、キャリアは全体の6%程度いるわけだ。

脆弱だな!

 資産を預けるサービスへ登録する際、キャリアやYahooはやめましょう。

んで、大学や職場(法人取引としてはありだが)のメールアドレスもそこそこ含まれていた。

「マジか」という感情がすごい。。。

Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。
- Advertisement -
- Advertisement -

こちらもオススメ

【海外法人】Stripe Atrasという米国デラウェア州法人を設立できるサービスの紹介、規制回避と節税効果を狙える?

IT関係に従事していない方はご存じないかもしれないが、決済プロバイダーで最大手の米Stripe社は様々なサービスの裏側で稼働しており、今日無くてはならない存在となっている。 実際、Kickstarter、Booking.com、DocuSign、Nextdoor、Shopify、Salesforce、Lyftといったグローバル企業の決済はStripeを通じて行われている。 プログラムによってバックエンドで動作しているため、一般消費者は知らない方が当然。しかし、とりあえず、すごい企業であることがお分かりいただけると思う。 Stripeは、執筆時点で最新の評価額は90億ドル、約1000億円だ。

Googleトレンドから見る世界各国大麻の呼び方、Marijuana, Cannanbis, Weed, Kush, Ganja

大麻植物には様々な呼び方がある。以下が例だ。 HempMarijuanaCannabisWeedKushGanja 一般にHempは産業用大麻(THC含有量が0.3%以下の株)のことを指し、その他は嗜好用や医療用の製品、ジョイントを指す。ジョイントとは、大麻の葉っぱを詰めたタバコ形状のことを言う。 Whats Everyone Smoking At...

自尊心と良好な人間関係について、13ヶ国53の研究で明らかになったこと

「あなたは、自分が価値のある人間だと感じていますか?自分自身に満足していますか?」 この言葉は、自尊心のレベルを測定しようとする研究者から聞かれる、質問の一例である。 人生経験の中で、自分をより良い気分にしてくれるものはたくさんある。ポジティブな思考と良好な社会的関係を持つことは、そのうちの1つだ。 友人、両親、パートナーと親密で満足のいく関係を築けば、自尊心は高まるのだろうか。自尊心には、何か独自の力があるのだろか。 ここで、1つの事実をお伝えする。自尊心が高ければ、社会関係の質が向上するということだ。

AWS Amazon LightsailでWordPressを構築してみた – 中規模なコーポレートサイトやブログにオススメ

ロリポップで契約していたウェブサイトの動作が遅すぎたので、サーバーを移行しようと考えていた。小規模なウェブサイトであったし、VPSや新規にレンタルサーバーを契約するほどでもない。 そんな時、月$3.5から利用できるAWSのAmazon Lightsailを知ったので、こちらへ移行することに決めた。ロリポップが月648円だったので、移行したほうが安価でサイトも高速化されることになる。 WordpressはBitnamiのイメージが用意されているため、1クリックで起動が可能。非常に使えるサービスだと感じたので、本記事で紹介したいと思う。 体感として、ロリポップでのウェブサイトが読み込みに5かかるとすれば、Lightsail製のウェブサイトは2といった感じ。Bitnamiのイメージはある程度チューニングされているので、やはり高速だ。

情報収集は英語で行おう。パソコンとスマートフォンでウェブサイトを翻訳する方法の紹介

我々日本語ネイティブは、日本語でのみ情報収集を行うわけにはいかない。 絶対的な事実として世界の標準語は英語であり、英語が通じる人間の地理的範囲は一番広い。 すなわち、英語の情報が最も多いのだ。また、研究結果などの論文は概ね英語で公開されている。BBCによれば、2018年、英語を話す人は世界中に約15億人いる。 有名なオンラインメディアは軒並み英語であるので、英語を読めないと一次情報を取りにいけない。内容も英語情報の方が濃く端的な事が多いので、僕は何か知りたいときまずは英語で調べるようにしている。 「なんだ、お前めっちゃ英語できるやつかコラ??」と思われるかもしれないが、「ワタシ、エイゴチョットデキル」程度の人間だ。

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -