2020-01-18 (土曜日)

BitMEXで流出したメールアドレスのプロバイダー割合。Gmailは約61%

- Advertisement -クリブログ

日本時間で2019年11月1日、暗号通貨(仮想通貨)のデリバティブ取引専門ブローカーであるBitMEXが、顧客へのアナウンスをする際、CCで送るというミスを犯した。

そして、BitMEX側も顧客メールアドレスが流出したことを認め、原因追求に務める事を報告している。

実際、筆者の元にも大量のメールアドレスが送信されてきており、「あ〜、MEXやっちまったな」という感想しかない。

筆者はBitMEXで2FAを設定しているため、恐らくサイバー犯罪者にパスワード再設定などを勝手にされることは無いと思うのだが、現時点で多要素認証を設定していない人は早めに措置を講じることを推奨する。

んで、送られてきたメールアドレスを見た際、脆弱なプロバイダーを使用している人が多く驚いたので、いっちょメールプロバイダーの割合でも算出してみるかと思ったわけだ。

眺めた感じ、登録された際のIPアドレスなどに基づき居住区域をデータベースに入れているのか、言語設定で選択しているのか、日本人ぽいメールアドレスが非常に多かった。

割合を算出するサンプルとして1000件ちょっとなら、まあ悪くないだろう。

実際に流出したメールアドレスの割合は、以下の通り。

BitMEX

Gmailが最も多く、YahooやiCloudなどが用いられている。

では、少し整理するために、メールプロバイダーを以下のように分類してみるとどうなるか。

  • Gmail
  • Yahoo
  • キャリア
  • iCloud
  • Hotmail
  • Outlook
  • その他

結果は、次のようになる。

BitMEX

Yahooが約13%もいて、キャリアは全体の6%程度いるわけだ。

脆弱だな!

 資産を預けるサービスへ登録する際、キャリアやYahooはやめましょう。

んで、大学や職場(法人取引としてはありだが)のメールアドレスもそこそこ含まれていた。

「マジか」という感情がすごい。。。


- Advertisement -
Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

こちらもオススメです

大麻はPTSDを治療する見込みがあるものの、臨床的に推奨できるレベルではない

心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療に大麻を使用する人が増えている中、新たなUCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)の研究で、処方箋として十分な証拠が裏付けられていないことが報告された。 Journal of Dual Diagnosisに掲載されたシステマティックレビューによると、カンナビノイドと呼ばれる大麻の有効成分は、PTSDの治療、特に悪夢の軽減と睡眠の促進に有望である可能性はあるが、日常的な診療で使用すべきかどうかを判断するには、さらなる研究が必要であるとされている。 大麻に含まれる主なカンナビノイドである、『CBD』と『THC』についての記事はこちら↓ https://keisukekuribara.com/cbd-and-thc-ecs/

仮想通貨の事を話している人間で信用できるか判断する簡単なフィルタリング方法

仮想通貨(暗号通貨)に興味を持ち始めた方や、どのような人と関わるべきかの判断材料になる記事だ。 こんな方を対象としている。 暗号通貨に興味が出た分からない部分が多いので情報収集したい人と意見交換をしたい 逆に、以下の方はこの記事の対象にならない。 人を騙して金を取ろうとしている人クオンツ系ファンドの方値動き対象は何でも良いトレーダーの方

オシャレなウェブサイトを5分かつ無料で公開する方法

さて、今回紹介する方法は今時のオシャレなウェブサイトを5分かつ無料で公開する方法です。 サーバーの契約は必要ありません。必要なのは、GithubやGitlab、Bitbucketなどリポジトリを管理するサービスのアカウントのみです。また、少しGitの使い方がわかれば大丈夫です。初心者には嬉しいですね。 使用するサーバー提供先はNetlifyというサービスです。上述したレポジトリ管理サービスでログインできます。 費用が発生するとすれば、独自ドメインで公開する際のドメイン代のみです。 勿論、Netlifyは無料で独自ドメインを設定でき、勝手にLet's...

ビットコインの何が面白いと思うか💸

特に公言しているわけではないが、僕はおそらくビットコイナーに分類される。なぜなら、その他ブロックチェーンと言われるものへ関心を持っているものの、ビットコインほどではないからだ。 ビットコイン一筋で、それ以外は邪道というマキシマリストでないが、ビットコインというものを強く『信用』している一人である。 では、なぜ僕はビットコインを信用しているのか。 それは、『信用がいらない』からである。そして、信用がいらない、つまり『トラストレス』であることが、僕は最も面白いと感じている。トラストレスの定義は人それぞれあるだろうが、僕は取引に際する信用が極めて小さいことだと考えている。 ビットコイン自体はここ10年ほどで出来たものだが、用いられている要素は、さして新しいものでもない。新しいアルゴリズムを用いることで、何かを解決しようとするプロジェクトが多い中、ビットコインはすでに確立されている既存技術をうまく組み込み(PoW)、経済合理性が働きやすいプログラムにインセンティブを組み込んだ。

ビットコイン決済のオンラインストアを作ってみよう

BTCPay Serverを使うことで、自身のウォレットと紐づいたビットコイン決済のオンラインストアを立ち上げてみよう、という記事だ。 一番楽なのはWordpressをECサイト化させるWoocommerceだ。Magentoは少し難易度が高く、PrestaShopは日本で使用するのに向かないので今回のブログではWoocommerceを使用する。 出来がったサイトは、実際に商品を発送するわけではないので決済される場合は寄付と思ってほしい。 BTCPayとは

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -