【誰でも分かる】アクセス解析に必須のGoogleアナリティクス導入方法を解説!

ウェブサイトを運営している人は、どこから、どのように、どんな人が、どのくらいアクセスしているか把握する必要があります。

そこで便利なのが、Googleが無料で提供している『Google Analytics(グーグルアナリティクス)』です。

ウェブサイトに指定のコードを追加するだけで、様々なイベントを追跡してくれます。

では、具体的な導入方法を見ていきましょう。

Googleへログイン

Google Analyticsというほどなので、Googleアカウントへログインしている必要があります。

したがって、まずはGoogleアカウントへログインしましょう。

Google Analytics

プロパティの作成

Googleアカウントへログインしたら、追加するウェブサイトの情報を記入していきます。

真ん中上部にある『プロパティを作成』をクリックします。

Google Analytics

ウェブサイトへ追加するので、『ウェブ』を選択しましょう。

Google Analytics

次の情報を記入します。

  • ウェブサイトの名前
  • URL
  • 業種
  • 時間帯

ウェブサイトの名前は、Analyticsのダッシュボードで判別するために使用するので「ブログ」であったり、「ドメイン」であったり、分かる名前であれば何でも良いです。

URLは、追加するウェブサイトのドメインを記入します。

「http」と「https」、「ドメイン」を間違いのないよう指定することが重要です。

業種は、そのウェブサイトが属する属性を選択します。金融、ライフスタイル、医療、ニュースなどなど。

タイムゾーンは、日本で運営するサイトならば日本を指定します。

日本は、プルダウンメニューで一番下の方にありますよ〜。

Google Analytics

ムームードメインでドメインを取得する方法はこちら↓

Mixhostでウェブサイトを公開する方法はこちら↓

トラッキングIDの発行

情報を記入し終えると、Googleが指定するトラッキングIDが発行されます。

「UA-〇〇」というものと、タグとして使用する「Javascript」です。

Google Analytics

これらの情報は、どこかのメモ帳に控えておくと楽です。

というのも、情報を控えておけば必要になったとき、都度Google Analyticsページを開かなくても済むからです。

僕のオススメは、クラウドで管理されたドキュメントツールです。次のようなサービスがあげられます。

いずれも、容量を超えなければ無料で利用できます。

逆に、Appleのメモ帳やローカルのメモ帳だと、どこでも情報を見ることは出来ないのでオススメしません。

オススメはNotionです。

ウェブサイトへ追加

では、いよいよウェブサイトへ追加していきます。

といっても何も難しくありません。

<head></head>』の中へ先程発行されたトラッキングIDを追加するだけです。

WordPressで作成したウェブサイトの場合、パターンとしては2つあります。

  1. FTPで接続しローカルで編集
  2. WordPressのダッシュボードから編集

なお、WordPressのダッシュボードから直接編集出来てしまうのは、本来セキュリティ上よろしくないので、FTPから接続して編集を行ってほしいです。

誰でも書き込めてしまうのは、情報改ざんの懸念が高まってしまいます。

パーミションは『0755』あたりが良いでしょう。

FTPで接続しローカルで編集

FilezillaなどのFTPクライアントでサーバーへ接続し、『wp-content/theme/〇〇/header.php』の『</head>』内に追加すれば良いです。

レンタルサーバーを使用している人は、『レンタルサーバー名 FTP』と検索すれば、FTPへ接続する方法はすぐに出てくるので大丈夫。

いくつか、参考になるリンクを記載しておきます。

Filezillaでサーバーへ接続する

このURLからFilezillaへアクセスし、『Download FileZilla Client』をクリックしダウンロードします(最新版にしましょう)。

下の画像は、Filezillaを開いたところ。

Filezilla

メニューにある『ファイル』から『サイトマネージャー』をクリックすると、サーバーへ接続するための情報が記入できます。

FTPの接続情報は、レンタルサーバーのダッシュボードへ記載されているので、各プロバイダーのヘルプページやFAQをご確認いただきたいです。

Filezilla

WordPressのダッシュボードから編集

WordPressのダッシュボードを表示します。

Wordpress

『外観』⇒『テーマエディタ』をクリック。

header.phpを開いた所。ここで編集していきます。

Wordpress
テーマ名を隠したつもりが、隠せていなかった😇

以下のようなソースコードが表示さるはずなので、『ここにコードを挿入』を記載してある部分にトラッキングIDをペーストしましょう。


<head>
  <meta charset="<?php bloginfo( 'charset' ); ?>">

##ここにコードを挿入

  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0, maximum-scale=1.0, user-scalable=no">

  <link rel="profile" href="http://gmpg.org/xfn/11">
  <link rel="pingback" href="<?php bloginfo( 'pingback_url' ); ?>">

  <?php wp_head(); ?>
</head>

チェック

正式にトラッキングIDが埋め込まれていると、以下のようにダッシュボードでアクセスを確認できるようになります。

Google Analytics

あとは、

  • ウェブサイトにコンテンツを書き込み
  • SEO対策をして
  • データからユーザー属性を発見し
  • 高速化のためのチューニングをする

などしていくだけです。

SEOについては、基本的な事である『まともなコンテンツを積み重ねれる』ことに注力すれば良いと思います。

あまり小手先の技術を使っても、アルゴリズムの変更で無意味となってしまうからです。

高速化へのチューニングは、別の記事で書きたいと思います。

CloudflareというCDNを利用してウェブサイトを高速化する方法はこちら↓

最低限やっておきたい、Wordpressのセキュリティ対応は以下の記事↓

以下は非常に分かりやすく書かれているGoogle Analyticsの書籍です。

このブログ記事でイメージを掴みながら、細かな設定や解説は、書籍で勉強すると良いです。

ライティングに関する書籍は、『沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘』が、イラスト付きの物語形式で分かりやすくオススメです。

Default image
Keisuke Kuribara
零細企業の代表 / ウェブマーケティング、コンサルティング、EC / 漫画と本が好き / 生物捕獲が趣味 / キーワード:WordPress、Shopify、Googleマーケティングプラットフォーム、Facebook・Google広告、iPaaS