Alibabaが精度96%かつ20秒でコロナウイルスを検出できるAIシステム開発

医療機関テクノロジー
Photo by National Cancer Institute on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

中国の大手テクノロジー企業であるAlibaba(アリババ)が、COVID-19(新型コロナウイルス)を即座に診断する、AIシステムを開発したようです。

Nikkei Asian Reviewによると、Alibabaの新しいシステムは、患者の胸のCTスキャンからコロナウイルスを96%の精度で検出し、ウイルス性肺炎の症例も検出できるとのこと。

そして、AIが判断を下すのにかかる時間はわずか20秒。

レポートによると、人間がこの病気を診断するのにかかる時間は一般的に約5〜15分で、評価すべき画像は300枚以上だそうです。

めちゃくちゃ効率化されてますね!

このシステムは、コロナウイルスが確認された5,000人の患者の画像とデータで学習されていて、すでに中国全土の病院でテストされています。

診断アルゴリズムは、Alibabaの研究所であるDamo Academyによって開発されました。

現在、少なくとも100の医療施設がAlibabaのAIシステムを採用しています。

なお、コロナウイルスを検出できるシステムを開発したのは、Alibabaだけではありません。

ライバルの医療機関Ping An(中国平安保険)は最近、似たようなシステムを発表しています。

Ping An Smart Healthcareのスマート画像読み取りシステムは、流行地域の最前線で検査画像読み取り、分析結果を生成します。prnewswire

同社スマートシティ部門の共同社長兼最高戦略責任者であるGeoff Kau氏は、次のようなプレスを発表しました。

スマート画像読み取りシステムは、公開以来、1,500以上の医療機関にサービスを提供してきました。そして、5,000人以上の患者が無料でスマート画像読み取りサービスを受けています。このシステムは約15秒で解析結果を生成でき、精度は90%以上です。

Geoff Kau

中国はテクノロジーに関して最先端を進んでいます。

コロナウイルスを15秒で検知するアルゴリズムが、わずか数ヶ月で開発されるなど、今回のケースは非常に面白いですね。

参照:thenextweb

テクノロジー

↓↓↓移動中やスキマ時間にインプットできるAudibleはオススメです✌️

この続きはcodocで購読
Keisuke Kuribara

株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間20万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)を保有。

Keisuke Kuribaraをフォローする

クリブログ

コメント