二段階認証の簡単バックアップ方法

二段階認証を設定しているが、端末の紛失や故障があった場合でも大丈夫なようにバックアップを取る方法を紹介する。

簡単な 3パターンだ。

1.設定時のQRコードをスクリーンショットとして保存する

PCからスマートフォンのアプリで二段階認証を設定する場合、こちらが手軽で良いと思う。

二段階認証設定時のQRコードをスクリーンショットで残しておくと、設定した際の端末を紛失・故障しても別端末で読み込むと同様のコードが表示されるようになる。

2.設定時の認証コードをメモに残しておく

スマートフォンのみで二段階認証される際は、QRコードではなく英数字の羅列から設定する。

この英数字の乱数をメモしておくと、設定した際の端末を紛失・故障しても、別端末から設定する際に貼り付けると同様のコードが表示されるようになる。

3.QRコードや英数字の乱数を複数端末で同時に読み込む

二段階認証のアプリをインストールし、設定可能な端末を複数持っている場合はこちらの選択肢もある。

QRコードの読み込みを2つの端末で同時に読み込む、または同様の英数字の乱数を2つの端末にコピー&ペーストし、同様の6桁コードが読み込んだ複数端末のアプリに表示されている事を確認し設定する。

こうすることで、いずれかの端末を紛失・故障した際も困ることはないだろう

Default image
Keisuke Kuribara
零細企業の代表 / ウェブマーケティング、コンサルティング、EC / 漫画と本が好き / 生物捕獲が趣味