10.1 C
Tokyo
日曜日, 12月 15, 2019

アメリカスタートアップのビジネスモデルやファウンダーなどのまとめ

以前に調査し、サイトに公開していたものをスプレッドシート化したので公開しておく。ちょこちょこ手直ししていく予定。現時点で、97社分ある。

結構疲れるので、今後はリクエストもらったものだけ調べていこうと思う。有料の調査依頼なども受けてるので、ご希望あればお気軽に連絡ください。

ウェブサイトはこちら↓

>>https://0to1lab.com/

Keisuke Kuribara
株式会社Propagation代表取締役。興味対象は、ビットコイン、大麻、ウェブ、金融、生物、心理など。金融から健康、テック、音楽など様々な事について執筆しており、このブログは月間10万PV程度となっております。自身のアウトプットや知的好奇心を満たすことが主な目的です。お仕事の依頼や相談などお気軽にお問い合わせください。
- Advertisement -

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

Latest News

お金の問題になるとヒトの脳は判断を間違うようプログラムされている

我々はお金で苦労したくないと考えるが、実際は惰性に負けたり、セールの衝動で無駄遣いをしてしまったりする。 これは、なぜか。 CNBC Financial Wellness Councilのメンバーで、金融心理学と行動ファイナンスの准教授であるBrad Klontz(ブラッド・クロンツ)博士が理由を説明してくれている。 意訳して紹介したいと思う。 https://twitter.com/DrBradKlontz/status/1204082081434914817?s=20

【ファクトフルネス】思い込みを乗り越え、世界を正しく見る習慣。賢い人ほど真実を知らない②

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://www.youtube.com/watch?v=F7Xvlw8i_y0 はじめに 前回の動画では、分断本能やネガティブ本能について話してきた。

【ファクトフルネス】思い込みを乗り越え、世界を正しく見る習慣。賢い人ほど真実を知らない①

この記事は、Youtubeへ公開した動画を元に記述したブログである。 文字よりも動画が良い方は、以下よりご覧頂きたい。 https://youtu.be/3zbf84SP8zg はじめに  今日は、最近人気の本である「FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」を紹介したいと思います。

シリコンバレーで流行りのドーパミンファスティングを神経科学教授が物申す

シリコンバレーで流行りの健康法に、ドーパミン・ファスティング(ドーパミン断食)がある。 ドーパミン・ファスティングは、ドーパミンとして知られる脳の快楽物質を減らすことによって、脳を効果的に『リセット』するというもの。ファスティング(断食)と呼ばれることから、ジャンクフード、セックス、アルコール、SNS、スマートフォンの長時間利用などを削減すると、生活がより良くなると信じている。 中には、すべてのSNSやアイコンタクトを避ける人すらいるようだ。 そして今、アメリカでの流行を受け、日本のメディアもドーパミン・ファスティングに関する記事を公開しはじめた。 https://www.businessinsider.jp/post-200019 サンフランシスコの心理学者、Cameron Sepah(キャメロン・セパ)博士が『ドーパミン・ファスティング』と名付けたこのエクササイズは、今世界の注目を集めている。

Must Read

予測市場とは何かを解説する

予測市場は基本的に先物市場で、バイナリイベント、つまりイベントが発生する/しないの概念に基づいている。金融の世界では、参加者は将来の出来事の結果によって利益が変わる契約を取引する。予測市場は、そのような出来事の結果を交換可能にするものだ。 主には、選挙の結果や株式の価格変動、さらには気候の変化など特定の状況で特定のイベントが発生する可能性に賭ける。 ほとんどの場合、賭けの価値は特定の結果が実現する確率に正比例する。 「Andrew Yangは2019年7月31日のトップ5に投票するのか?」というAugurでの例

大麻はPTSDを治療する見込みがあるものの、臨床的に推奨できるレベルではない

心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療に大麻を使用する人が増えている中、新たなUCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)の研究で、処方箋として十分な証拠が裏付けられていないことが報告された。 Journal of Dual Diagnosisに掲載されたシステマティックレビューによると、カンナビノイドと呼ばれる大麻の有効成分は、PTSDの治療、特に悪夢の軽減と睡眠の促進に有望である可能性はあるが、日常的な診療で使用すべきかどうかを判断するには、さらなる研究が必要であるとされている。 大麻に含まれる主なカンナビノイドである、『CBD』と『THC』についての記事はこちら↓ https://keisukekuribara.com/cbd-and-thc-ecs/

初心者向けヘッジガイド。市場についての理解を深め、良い投資家になるために

ヘッジはすべての投資家が知っておくべき実践事項である。ポートフォリオの保護がポートフォリオの評価と同じくらい重要であることに議論の余地はない。しかし、ヘッジに関しては説明されている以上に語られ、最も難解な金融領域にしか属していないように見える。ここでは、初心者でもヘッジとは何か、どのように機能するのか、投資家や企業が自らを守るためにどのようなテクニックを使っているのかを学ぶことができる。 ヘッジとは何か ヘッジを理解する最良の方法は、それを保険と考えることである。人々がヘッジすることを決めたとき、負の事象に対して自分自身に保険をかけている。これによって、ネガティブなイベントの発生を防ぐことはできないが、発生したとき適切にヘッジされていれば、イベントの影響は軽減される。つまり、ヘッジはほぼあらゆる場所で行われ、私たちは毎日目にしている。例えば、住宅所有者保険に加入していれば火災や空き巣などの不測の災害に備えることができるだろう。 ポートフォリオ・マネジャーや個人投資家、企業は様々なリスクに対するエクスポージャーを減らすため、あらゆるヘッジ手法を用いている。しかし、金融市場では単純に保険会社に手数料を支払うよりもヘッジが複雑になる。投資リスクに対するヘッジとは、市場における商品を戦略的に使用し、価格の不利な動きのリスクを相殺することを意味する。言い換えれば、投資家は一つの投資を別の投資でヘッジする。 技術的にヘッジするためには、負の相関関係を持つ2つの証券に投資する。もちろん、世の中に無料のものはないので、この種の保険は何らかの形で支払わなければならない。

こちらの記事も読まれています

- Advertisement -